うまい授業の導入とは? 〜生徒を引き付ける〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「うまい授業の導入とは? 〜生徒を引き付ける〜」についてお伝えします。

脱力系教師
脱力系教師

導入はやっぱり大事だよね!

草食系教師
草食系教師

導入でその1時間が決まると言っても過言ではないですね!

想像してください。

授業時間に入室し、チャイムが鳴る。そして、授業の挨拶をした後、みなさんは何をしますか?

もちろん出欠確認をしますが、その後ですよ。その後!

この後に何をするかでその1時間の生徒の意欲・関心・態度が変わってくると思っています。生徒を引きつける導入をしっかりすれば、その授業がうまく行きやすくなる場合がありますよね!

導入にかける時間は?

 一般的に導入にかける時間は5分〜10分と言われています。

学級経営の記事でお伝えした「2対6対2の法則」をここでも使うことができます。

「2=導入・6=展開・2=まとめ」です。

 50分授業であれば、「10分=導入・30分=展開・10分=まとめ」です。正直、10分も導入やまとめにかけていては授業が進まないので実際は5分くらいでしょうか。

授業の導入3パターン

 この記事をご覧の皆さん。自分の授業の導入部分を想像してください。

 何をしていますか?

草食系教師
草食系教師

3パターンに分けられると思いますので見ていきましょう!

①導入なし

 授業開始後すぐに授業の展開に入るパターンです。

先生
先生

それでは、教科書30ページから始めるぞ。昨日の授業では分詞構文やったから今日はその続きから行こうか。

生徒
生徒

(…)

 すぐに授業を始めると「もう始めるの!」と嫌そうな感じを出す生徒はいませんか?

 私の授業にはたくさんいるんですよ。笑 

 他の先生の研究授業や授業見学に行く時に生徒の様子を見ると「いきなり授業」はあまり良くないのかなと思ってしまいます。

 何かワンクッション入れた方が良いと思っています。時間がない時のワンクッション一覧を下に載せておきます。


  • 今日は何の日

  • 天気

  • ニュース

  • 流行り

この記事に詳しく載っています。
https://mzsmtks.com/2020/05/21/shrneta2/

②発問から導入

 授業を発問から始めるパターンです。

 例えば、「貧困」をテーマにした英語の長文の授業であれば「世界で最も貧しい国はどこでしょうか。」や「日本は豊か?貧しい?どちらでしょうか。」などと授業の内容に沿った発問をすることが多いと思います。

 私がこのタイプなのですが、生徒が考えられそうな質問を投げかけて黒板に目向けさせることからスタートします。「私(僕)授業参加してる!」と思わせるためにも全員が手をあげられるように多数決をとることもあります。

 生徒を巻き込む授業は授業者も楽しくなりますね!

発問は生徒の気持ち作りだと思っています!

③雑談をする

 授業開始後に雑談から始めるパターンです。

 私の所感ですが、この「雑談をする」先生が最も導入がうまいと思っています。授業見学が好きな私はこれまで多くの先生の授業を見学してきました。

 私が思う最も魅力的な授業の導入は「授業内容に関係ない雑談」から始まるものです。最初は関係のない雑談から始まるのですが、いつの間にか授業内容にしっかりと関連づけているのです。

 生徒は「ここから授業だ」と思う暇もなく、雑談がそのまま授業になっていたのは魔法のようでした。

授業開始直後はとても大切

 「導入でその授業はほとんど決まってしまうからしっかり考えたほうがいいよ。」 

 教員1年目に教えてもらった忘れらない言葉です。

 導入は生徒が関心を持てるかどうかの分かれ道なので導入が面白ければ、その後の展開とまとめも聞くようになる傾向にあります。

 先生方も授業をしていて感じますよね。導入をしっかりした授業とそうでない授業では生徒の授業の取り組み方が全然違いますよね。

 落語、お笑い、歌、本、漫画や映画も同じではありませんか? 最初が面白くなければ見なくなったり、聞かなくなったりしますよね。大人も同じDESU!

最後に

 今日は「うまい授業の導入とは? 〜生徒を引き付ける〜」についてお伝えしました。「導入にかける時間は?」「導入にかける時間は?」「授業開始直後はとても大切」の3つのカテゴリーでした。

 「導入でその授業は決まる」と言われるくらい導入はとても大切なのです。次の授業から導入に力を入れましょう!

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければ下のランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました