印象に残っている生徒 〜ビリギャル編〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は、「印象に残っている生徒 〜ビリギャル編」をお伝えします。

脱力系教師
脱力系教師

ビリギャル って本とか映画の?

草食系教師
草食系教師

そうです!同じような境遇の生徒がいましたので紹介します!

 

「個人情報です」とコメントいただきますがぼかしている内容がありますのでそれを承知いただければと思います。

ビリギャルとは

 累計130万部を売り上げ、日本出版販売株式会社が発表した2014年年間ベストセラー4位になった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(通常:ビリギャル)」はとても有名な自己啓発本です。

 学年最下位のギャルが1年で偏差値を40上げて難関大学の慶應義塾大学に合格した、実話をもとにした感動のサクセスストーリーです。

入学時

成績

 成績は芳しくありませんでした。入学試験の順位は下からだいたい5番目くらいだったと記憶しています。また、英語の成績に限っては最下位だったと思います。

欠席日数

 不登校傾向のある生徒でしたので中学の時の欠席日数は非常に多かったです。

 各学年で50〜100程度、3年間でトータル200日以上は欠席していました。

入学後

入学後の面談にて

生徒
生徒

中学校はあまり行けなかったので高校では頑張りたいです!

草食系教師
草食系教師

無理せず一緒に頑張ろう!

成績

 「頑張りたい」という発言は本気で、入学後からぐんぐんと力をつけて行きました。

 中学校の授業内容がほとんど丸々抜けていたので放課後に教室で下校時刻になるまでずっと勉強していました。その結果、成績は急上昇していきました。

 ↓高校の成績(主要5科目、5段階評価)

 高校1年:18

 高校2年:21

 高校3年:24

欠席日数

 生徒本人の「頑張ります!」はありましたが中学校では不登校だったこともあり、高校1年生の頃は登校することに慣れていないせいか、10日前後欠席していたと思います。

 しかし、高校2年生では数日、高校3年生では皆勤でした。

きっかけとなった活動

 人が変わるためには何かしらのきっかけがあるはずです。

 その生徒のきっかけとなった活動は高校1年生の夏休み期間中に行ったオーストラリアでの海外研修でした。保護者とも「大丈夫ですかねえ?」と話をしていましたが本人の強い要望で研修に行くことになりました。

 結果的に、凛々しい顔で帰国し一皮向けた印象でした。

 その活動をきっかけに校内外活動には積極的に参加し、高校2年生からは生徒会副会長、部活動では部長を担っていました。

草食系教師
草食系教師

リアルビリギャル だと思ってました。笑 職員室でも話題になってました。

性格

 高校入試での面接試験では下を向いていていましたし少し暗い印象でした。

 しかし、高校入学後から、そしてトリガーとなった海外研修以降はとても明るくなりました。身なりも派手になり、いつも友達とワイワイしていた印象です。

 好奇心旺盛で校内外活動(海外研修・ボランティア活動等)があれば手当たり次第何でも参加していました。「高校入ったら変わるんだ!」その気持ちがあったからいろんな活動に参加したんだと思います。

希望進路合格

 3年間がんばった結果、早稲田大学に合格しました。

草食系教師
草食系教師

「大迫ハンパないって」という感じでした。笑 努力の結果です。

関わっていたどの先生も言っていましたが、何が成功に導いたというと”素直さ”だったと思います。

「◯◯日までに単語100個覚えて来て」や「このスケジュールで行くから」という半ば強制的な投げかけに対して、それを確実に行う素直さや芯の強さがありました。

 普通であれば「ええええ、先生無理ー」と言う生徒ばかりです。その生徒は疑いもせず「ちゃんとやってきましたよ!」とキラキラした目で職員室によく来ていました。

 頑張る姿は教員全員が見ていましたので、「何とか合格させてあげたい」という気持ちがどの先生にも芽生えていきました。

 私は英語だけしか教えることができませんので、他の科目は他の先生にお願いしに行きますが、快く引き受け入れてくださり、夜遅くまで熱心に教えていただいていました。

最後に

 今日は「印象に残っている生徒 〜ビリギャル編〜」をお伝えしました。「ビリギャルとは」「入学時」「入学後」「きっかけとなった活動」「性格」「希望進路合格」の6つのカテゴリーでした。

 教員は生徒に影響を与える立場であると思いますが逆に影響を与えられた生徒でした。本当にドラマの主人公みたいな生徒だったと思います。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければ下のランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました