席替えの表と裏の理由 〜学級経営技〜

学級経営

みなさんこんにちは、草食系高校教師です。

今日は「席替えの表と裏の理由」をお伝えします。

学級で席替えをすることがあると思いますが、みなさんはどのような意図でやっているでしょうか。

正直、様々なリスクがあるため、私のように「やりたくない」と思っている人もいるんじゃないかと思います。仲良い生徒が隣同士になった時にうるさくなるリスク、仲悪い生徒が隣同士になり一方が学校を休みがちになるリスクなどが挙げられます。しかし、生徒は席替えが大好きで常に「先生、席替えまだー?次いつー?」と言ってきます。

実は結構労力が必要なことなのはご覧になっている方であればわかると思います。今日は席替えに関してまとめましたのでご覧ください。

草食系高校教師
草食系高校教師

表と裏の席替え理由をお伝えしますが、大前提に以下の表の席替え理由があることをお忘れなく!

生徒にとっての座席の位置

 生徒はとにかく座席にこだわりがあります。両端の1番後ろはファーストクラス、両端1番後ろ以外の1番後ろの席と3列目以降の両端の席はビジネスクラス、それ以外はエコノミークラスといったところでしょうか。生徒はファーストクラスに座っている強運の生徒を羨望の眼差しで見ています。

表向きの席替え理由

 生徒や保護者に伝える表向きの理由は、「これから高校(大学)進学や就職をすると、必ずどこかのクラスや部署に所属することになります。そこではグループ単位で活動し、グループワークをしなければいけない環境になることがあります。そこには好きな人もいれば嫌いな人もいますし、相性がいい人もいれば相性が悪い人もたくさんいます。しかし、1つのグループですから同じ方向を向いて活動をする必要があり、自分の感情と関係なく協働しなければいけません。今嫌いな人や苦手な人がいたとしても、その中でどれだけ協力して活動できるかがとても大切ですよ」

席替えの基本的な意図はこれでしょう!

裏向きの席替え理由

クラスの雰囲気の維持するために

 クラスの良い雰囲気を維持するため、仲悪い生徒同士を隣にしないようにしています。上記のような根本的な意図はありますが、学級経営するうえで雰囲気をよく保つことは生徒のモチベーションにもつながるので必要です。
 高校生にもなると基本的な意図よりも自分のわがままを優先する生徒が多く、「あいつが隣なら学校行きません」という生徒も少なくはありません。さらに、保護者から「席替えしてください」とお願いされる場合もあります。

不登校生徒・休みがち生徒のケア

 不登校生徒や休みがちの生徒が登校できるようにするために席替えすることがあります。起立性調節障害・パニック障害・統合失調症などの精神疾患によって登校することが難しい生徒がいます。「1番前の席や真ん中の席になると周りの生徒に見られている気がしてしんどいから1番後ろの席にしてください」と訴えてくるせいがいることは診断書が出ている以上配慮し化ければ池暗線。表向きの理由が根本にありますが、不登校生徒が出るとその対応に時間をとられて本来すべき仕事ができなくなるリスクを考えたら忖度をしたほうが良いのかもしれません。

欠席や遅刻が多い生徒はあえて後ろに席を指定することがあります。空いている席があると他の生徒が「休んでもいいんだ」と思い、学級の欠席率が上がると言われているからです。実際に、連鎖反応で欠席が多くなるクラスを見たことがあります。

黒板やスクリーンが見えにくい生徒

 昔からクラスに数人は席替えの時に申し出てくると思いますが、視力の低下で黒板が見えにくい生徒への配慮です。しかし、昨今ICT機器の導入で電子黒板やスクリーンなどが設置されてきていると思いますが、画面やスクリーンに近いと「見えにくいので3列目以降にしてもらえませんか」と申し出てくる生徒が出てくるようになりました。

電子黒板やスクリーンに関しては公にすると全員が後ろの方を希望できることになってしまいますので、あえて全体には言わないようにしています。

席替えの方法

 表向きの理由に則ると「くじ引き」です。しかし、裏の理由があるため、少し策を講じなければいけません。黒板が見えにくい生徒はクラス全体に「黒板見えにくい人はくじ引きの前に申し出てください」と言えますが、「クラスの雰囲気維持」、「不登校・病気の生徒のケア」、「電子黒板・スクリーンが見えにくい」に関しては、裏の意図になるため、全体の前で言ってしまうと不公平になってしまいます。

 したがって、くじ引きの時に少し仕掛けを作る必要があります。くじ引の時に欠席している生徒がいる場合は、座って欲しい場所の番号を抜いておくなどをします。欠席していない場合に関しては書きませんが、うまくやりましょう。

クラスの協力体制が整っているクラスであれば仕掛けは必要ないですね。

最後に

 今日は「席替えの表と裏の理由」をお伝えしました。一貫して「席替えはしません」という先生も珍しくはありませんし、問題がないクラスであれば何も考えなくても良いでしょう。しかし、生徒個人が持つ事情が多様化してきていますので上記のような裏のサポートが必要になる場合もあります。

 

肉食系高校教師
肉食系高校教師

席替えは神経使うよね

草食系高校教師
草食系高校教師

学級経営もですが、授業担当の先生が授業をやりやすいようにしたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました