中学校・高校の平常点について

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「中学校・高校の平常点について」お伝えします。

中学校や高校は成績を算出する時に試験点(素点)と平常点を使います。試験点はテストの点数ということはお分かりだと思いますが、平常点は何を指しているのかを詳しく伝えます。

今日は、平常点とは何か、算出方法、どういう位置付けなのかをお伝えしていきます。

草食系高校教師
草食系高校教師

平常点の算出は結構大変ですよね。

平常点とは何か

 平常点は各学期の成績をつけるときに、テスト点(素点)以外の、授業への参加率、授業態度、提出物(ノート・プリントなど)、小テスト、パフォーマンステストなどを算出して点数化したものです。 

平常点の割合

 平常点の割合は、学校や学校内のコース、各教科、さらに科目によって違いがあると思いますが、1番多い割合が30点(3割)でしょう。つまり、70点(7割)が試験点(素点)で、30点(3割)が成績の算出方法です。 

 上記の「学校や学校内のコース、各教科、さらに科目によって違いがある」に関してですが、学校やコースの違いとしては、進学校は実力主義が多く、試験点の割合が大きくなります。レベルの低い高校では試験点が取れないことが多く、留年や落第を防ぐために平常点の割合が高く設定されていることが多いと思います。したがって、10点以下をとっても進級できたり、卒業できたりする生徒が出てきます。平常点は救済点と言っても良いでしょう。

 学校内でも教科や科目によって、成績の算出方法が違うことがあります。学校の方針や教科の方針によって変わってきますが、英語は9対1、数学7対3、情報5対5など違いが出ることがあります。「英語に力を入れるから試験点の割合を増やす」や「情報は実技が多いから平常点を増やす」と言った理由でしょう。

〜例〜

A校:試験点8割:平常点2割
B校:試験点5割:平常点5割
 

これまでに経験した成績の割合
  • 進学校 試験点9割:平常点1割
  • 中堅校 試験点7割:平常点3割
  • 底辺校 試験点6割:平常点4割

平常点は成績を調整する点数でもある?

 学期ごとの成績の算出方法は「試験点+平常点」となりますが、平常点で成績を調整をすることがあります。いわゆる、調整点を入れることがあります。

 調整点はその名前の通り、調整するためにプラスかマイナスをする点となります。(マイナスはほとんどないでしょう) 毎回するものではなく、全体の成績が芳しくない時や学年や科目の中の全体の成績を合わせるためが多いと思います。

 「全体の成績を合わせるため」というのは、「教科や科目の全体の成績は6.0くらいに合わせましょう」と成績を管轄する教務部から方針が出されていればそれに近づけるようにします。該当学年の同じ教科や科目を別の教員が担当している場合は、連携して方針に合わせるようにします。その時に多少平常点を変えることがあります。

クラス担当教員(科目担当者)成績(試験点+平常点)
1組岡田先生5.6
2組小野先生7.1
3組岡田先生6.1
4組向井先生5.2
5組向井先生5.8
6組小野先生6.1
学年平均→5.98
成績は100%公平が原則だと思いますが、あと1点で成績が変わる生徒に関しては調整をする先生もいるのではないでしょうか。
試験点

試験は100点満点ですので、試験点×0.7をした点数がその生徒の成績を算出するときの試験点になります。

平常点算出に時間はかけたくない

 成績算出する時期には、定期考査の採点や初見の入力等もありますので平常点算出に時間はかけたくないのが本音です。したがって、私はエクセルの関数を使ってあらかじめすぐに算出できるようにフォーマットを科目ごとに作っています。

 さらに、ノート点は5点、小テストは5点、授業態度10点など、授業開きの生徒に配布するシラバスに私は記載することがあります。

最後に

 今日は「中学校・高校の平常点について」お伝えしました。「平常点とは何か」「平常点の割合」「平常点は成績を調整する点数でもある?」「平常点算出に時間はかけたくない」の4つのカテゴリーでした。

 平常点にどのように算出するかは授業担当者の裁量でしょう。授業態度を重んじている場合はその配点が高かったり、授業態度関係なく実力主義であったりすれば平常点の小テストの配点が高かったりと、授業担当者の方針によると思います。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

平常点の算出は大変だよね。

草食系高校教師
草食系高校教師

期末考査終了後はてんやわんやしますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました