【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart21(仮定法過去)

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart21(仮定法過去)」をお伝えします。

今回は「仮定法過去」を使ったゲームをお伝えします。

中学校で2021年度から始まる新カリキュラムでは3年生で「仮定法」が学習内容に入っています。中高生にとって難しいと言われている「関係代名詞」や「分詞」の他に、もう1つ難関が増えてしまいました。

そんな難しい単元になりますが、今回のゲームは楽しみながら仮定法の形を覚えられてしまう盛り上がるゲームになっています。

私は高校でこのゲームをしましたが面白い回答が出てきてとても楽しかったです。

草食系教師
草食系教師

仮定法過去を使ったゲーム「ユーモア王決定戦」です。ぜひご覧くださー!

活動の基本情報

対象学年:中学校3年生〜高校生

対象人数:1クラス40人ほどまで(ペアか3人〜5人くらいのグループを作成)

所要時間:25分(問題数により増減可)

準備物 :仮定法のカード・ストップウォッチ

活動概要

 今回の活動は仮定法過去を使ったゲーム「ユーモア王決定戦」です。

 グループ内の誰が1番仮定法を使った面白い文を作れるかを競うゲームです。

 カードには仮定法過去を使った文の前半部分しか書かれていません。そのカードを生徒がめくり、後半部分を順番に1人ずつ言っていきます。

 1人ずつ言うときは制限時間10秒〜30秒を設け、過ぎてしまったら0ポイントです。(教員の匙加減でOK)その後、グループに1分間与えられ、グループで1番面白かった文を決めます。

 面白かった答えを考えた人は2ポイント与えられます。

 最終的にポイントが多かった人が「ユーモア王」となります。グループごとにユーモア王が決まったら、決勝戦ということで各グループのトップが集まってもう1度対戦するのも盛り上がります。

生徒へのルール説明

  1. グループ作成
  2. グループ内で順番を決める
  3. カードを裏面で並べる
  4. カードを引く
  5. グループ内で発表(1人10秒以内)
  6. グループ内で面白い文を決める(1分間)
  7. 繰り返す
  8. 終了後、クラス全体で共有する

有料記事

 以下の有料記事では2つのファイル(PDF版)のダウンロードが可能です。また、簡易版の指導案を載せていますので参考にしてください。

①問題カード10問(裁断必要)

②進行方法

③簡易版指導案

補足

掲載している英語に関しては英語ネイティブと確認済みです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました