進路決定後の高3の過ごし方 〜早期進路決定者の対応〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「進路決定後の高3の過ごし方 〜早期進路決定者の対応〜」をお伝えします。

高校卒業後の進路が推薦やAO入試で早々に決まった生徒のやる気のなさや態度の悪さが目立つようになる2学期以降の授業に関して、悩んでいる先生方が非常に多いです。もちろん、大学入学共通テスト受験者が大半を占める進学校は推薦合格者を除き、やる気に満ち溢れ、授業を必死に受ける姿はこちらも感銘を受けるくらいです。

私は現在の勤務校で3校目ですが、進学校・中堅校・底辺校を経験してきました。進学校は上記のように非常に良かったですが、中堅校・底辺校の学級指導と学年指導が行き渡っていないところは非常にやりにくいです。

草食系高校教師
草食系高校教師

非常にやりにくいですが、やりにくさを変えていかないと教員のメンタルが持たなくなりますよね。

2学期クライシス

 高校3年生は2学期以降の授業に対するやる気が急降下し、態度が悪くなる傾向にあります。また、遅刻・早退・欠席が増えるようになります。卒業後の進路が公募推薦・指定校推薦やAO入試で10月や11月に決まった生徒は顕著に現れます。私が作った言葉ですが、ここでは「2学期クライシス」と呼びます。

 その理由は2つあります。

①推薦入試やAO入試で使われる学業成績や出欠席は高3の1学期までのものであること
②進路が決まり安心しきっている

 ①を知っている生徒は2学期からほとんど勉強しなくなります。正確には公募推薦とAO入試を受験する生徒は2学期から、学校推薦の生徒は10月頃から顕著に表れるでしょう。

 後者は9月中旬から10月中旬までに行われる推薦会議までは頑張り、学校から推薦してもらう許可を得てからは急降下していきます。

 ②は推薦入試やAO入試が終了し、合格が決まった生徒です。「合格が決まったからもう大丈夫」というマインドセットだと思いますが、やりたい放題する生徒も出てきます。

解決策

 私は、以前ブログでお伝えしたV字回復した私立高校で勤めていましたが、その学校は生徒の9割がAO入試や推薦入試での受験でしたので11月下旬にはほとんど決まっていました。しかし、やる気が無くなったり態度が悪くなったりすることはほとんどありませんでした。

 今日はその学校で行っていたことをお伝えします。共通する部分がありますのでぜひご活用いただければと思います。

根回しの徹底

 高3の4月から徹底的に生徒と保護者に根回しをします。個人面談や3者面談の機会があると思いますが、そこで以下のようなことを何度も言います。下は保護者バージョンです。

「2学期以降、進路活動が本格的に始まり、受験をして合格する日が来ると思います。それは私にとっても非常に嬉しいことですし、そのために私も一生懸命やらせてもらいます。担任としてここで残りの1年有意義な時間を過ごして、卒業して欲しいと思います。そこで2点、合格後のことに関してお願いがあります。

 1点目は合格後、クラスメイトの中にはまだ受験をしていない生徒や合格を待っている生徒、落ちてしまった生徒が必ず出てきます。自分は受かったから何しても良いということにならないことです。逆に周りの人を助けてあげられるようになって欲しいと思います。

 2点目は合格したからといって授業態度や成績が悪くなったり、遅刻早退欠席が増えたり、服装頭髪が乱れたりをしないこと。その場合、学校側と私は徹底的に指導します。口うるさく言いますし、時には叱るかもしれません。それでも改善されなければ私たちは卒業させません。

 もちろんこの話をする前は進路の話を済ませ、ある程度生徒のことについて褒めた後に言いましょう。話の最後が「卒業させません」と強い表現を使っていますので、いきなり言ってしまうと相手も「?」になるでしょう。これを言う意図は保護者に事前に伝えておいて、実際にその場面になった時にクレームを言われることを少なくするためです。

 上記のことを個人面談・3者面談・ホームルーム・授業・学年集会で様々な教員が随時伝えていくと、しつこく言われているのと全先生が同じことを言うため、納得する生徒が増え、2学期クライシスが起こりにくくなります。

2学期から「合格が決まってからもしっかりやりなさい」と言っても遅いです。さらに、担任指導だけでは無理な場合がありますので学年と教科担当、学校が協力しなきゃいけないと思います。

授業方法を変える

 上記の「根回しの徹底」がない場合やそれでもひどい場合を想定してお伝えします。現在の勤務校は底辺校ですが、他の先生に根回しのことを言っても不採用でしたので、進路決定後の態度や取り組みは非常に悪いものです。

 やる気のなさが顕著に表れてきて毎回イラッとしていましたので、私は授業スタイルを変えました。ノルマ型の授業です。生徒に伝えることは以下の5つだけです。

①今日のページ数
②セクションごとに前に持って来て教員のチェックを受けること
③授業の終わりには提出
④周りと相談してもよい(クラス状況による)
⑤セクションごとに黒板に書かれてある自分の名前に射線を入れる
 *以下の図のように黒板に名前を書く

最後に

 今日は「進路決定後の高3の過ごし方 〜早期進路決定者の対応〜」をお伝えしました。高校卒業後の進路が推薦やAO入試で早々に決まった生徒のやる気のなさや態度の悪さが目立つようになる2学期以降の授業は正直やりにくいです。それで病んでしまう教員も少なくはありません。根本的な解決は早い段階からの根回しに限りますし、保護者の協力も必要となります。そして時には「卒業させない」と強い態度も必要になるのではないかと思います。

 授業担当者としては授業スタイルの変更により少し改善させられるのではないでしょうか。私のように威圧感を纏い、すぐに怒る教員であれば生徒はしっかりとやりますが、先生方には様々なキャラクターがいらっしゃいます。皆さんの何かのヒントになればと思います。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

高3のこの時期はやりにくいよね。

草食系高校教師
草食系高校教師

こっちのやる気もなくなりますよね。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました