職員室の机の整理整頓

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「職員室の机の整理整頓」をお伝えします。

この記事をご覧の皆さん、職員室・オフィスの机上や机の中はどのような状態でしょうか。学校現場はまだまだ紙仕事が多いので、次から次へと机上に書類が置かれることがよくありますよね。

「整頓されている人」と「整頓されていない人」の2種類の方がいると思いますが、立ち振る舞いや仕事力はいかがでしょうか。職場の先生方を思い浮かべると、前者に仕事ができる方が多く、後者は逆だと思っています。

草食系高校教師
草食系高校教師

今日は「整理整頓をすることで得られる効果」・「整理されていない人の特徴」・「整理整頓の合言葉」の3つをお伝えします。

整理整頓をすることで得られる効果

頭の中が整理される

 「机の上は自分の頭の中を表す」とも言われますが、片付けると頭が整理されて仕事がスムーズに進みます。整理整頓されているということは必要なものと不必要なものが取捨選択されています。さらに、どこに何があるかを把握し、必要なものをすぐに取り出すことができます。つまり、すぐに必要なものを取り出すことができ、ムダのない仕事につながります。

を私には当てはまりませんが、仕事が早い・できる人は机上が非常に綺麗な方が多いと思います。自分の机の上に自分の武器(教科の物)を置かない方がいいです。自己顕示欲を表すそうで、教員1年目に教えてもらいそれ以来置かないようにしています。

精神的に安定している

 「教室の乱れは心の乱れ」と学級経営に大切な教育用語がありますが、先生方の机上の乱れも同様に心の乱れにつながります。机上のものが片付いていなかったり、必要のないものが溜まっている時は、精神的にもイライラしていたり、ストレスが溜まったりと心が乱れている状態であることが多いと思います。

 そのイライラやストレスがある状態で、良いパフォーマンスはできないでしょう。もしかしたら生徒に当たってしまう方も少なからずいるのではないでしょうか。

 「整理整頓は気持ちの整理」です。まずは見える範囲(机上)を綺麗に片付けましょう。

ムダな時間が減る

 整理整頓をしていないと「必要な書類が見つからない」「どこに何があるか分からない」と必要なものを探す時間ができてしまいます。毎日5分間探し物をすると仮定すると、1ヶ月20日を勤務日数として、5分×20日=100分です。これを1年、5年、10年と続けてみてください。考えただけで恐ろしいですよね。

 私は1分1秒でも退勤したいので、このムダな時間に気づいてから整理整頓を行うようになりました。探し物をする無駄な時間や労力をかけないようにしましょう。

私の机上は、パソコン・マウス(Bluetooth)・iPadのみです。

整理されていない人の特徴

話がわかりにくい

 頭の中が整理されていないため、考えがまとまらず、話の意図がわからなかったりわかりにくかったりします。話がわかりやすいということは、授業がうまいということに少なからずつながると思いますが、みなさんの周りの授業に定評のある方々の机はきれいではありませんか?

報告・連絡・相談ができない

 これはかなり当てはまっていると思います。(草食系高校教師調べ) みなさんの職場の机が整理整頓されていない方を思い浮かべてください。報告連絡相談はできていますか?

 頭の中が整理できていないためか、1つの情報に対して、誰が関わり誰に影響を与えるかが分からず、結局誰にも伝えずに混乱を招いてしまいます。

整理整頓の合言葉?

 整理整頓の合言葉は、「Less is more=より少ないことはより多いことだ=少ないほど豊か」です。ものが少ないことで不安になる方もいると思いますが、少ないことで得られる効果の方が多いのではないでしょうか。Less is more、ぜひお使いください。笑

最後に

 今日は「職員室の机の整理整頓」をお伝えしました。机を整理することは良い仕事につながることはおわかりいただけたでしょうか。明日の朝はまず、机上の整理から始めましょう。

本日は以上です。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

「整理整頓は気持ちの整理」、響いたわー

草食系高校教師
草食系高校教師

忙しい+机上が汚い=超イライラになりますからね。片付けは大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました