【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart4 〜クリスクロスゲーム〜

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart4 〜クリスクロスゲーム〜」をお伝えします。

今回お伝えするゲームは「クリスクロスゲーム」ですが、とても有名なゲームですので、知っている先生方も多くいるのではないでしょうか。

質問によってはどの文法項目にも対応できる、また教科書の内容にも対応できるオールイングリッシュの生徒全員一斉参加型の盛り上がるゲームです。

草食系教師
草食系教師

それでは詳しく見ていきましょう!

基本情報

対象学年:小学生〜高校3年生

対象人数:10人以上(個人活動)

文法項目:5W1H(問題により様々な文法項目に対応)

所要時間:5分〜10分程度(問題数や生徒数による)

活動の内容 

 今回ご紹介する「クリスクロスゲーム」はオールイングリッシュの生徒全員一斉参加型のコミュニカティブなゲームです。

 それではルールと進行方法を見ていきましょう。

ルール

 生徒全員起立し、教員の質問に対してわかった生徒が挙手をして、回答する単純なゲームです。

 回答して正解だった生徒は以下の「4方向」を決めることができます。

 ①RIght(右)
 ②Left(左)
 ③Up(前)
 ④Down(後)
 *斜めを追加してもOK

 正解した生徒は上記の「4方向」のいずれかを言うことで、そのいずれかの方向の生徒が着席することができます。

 最後の1人になるまでこの活動を続けます。

ワンポイントアドバイス


最後の1人まで続けてしまうと、に思う生徒がいるので残り3人くらいになったらやめるようにしていました!

進め方

活動の進め方
  • STEP1
    生徒は全員起立する
  • STEP2
    教員は質問をし、わかった生徒は挙手する
  • STEP3
    教員は生徒を指名する

  • STEP4
    指名された生徒は回答し正解であれば、4方向のいずれかを伝える

    *不正解の場合は、教員が別の生徒を指名

  • STEP5
    正解した生徒と指定された方向に座っている生徒は座る
  • STEP6
    STEP2〜STEP5を繰り返す
  • STEP7
    最後の1人(数人)になったら終了する
草食系教師
草食系教師

基本的に1番最初に挙手した生徒を指名するようにしていました!

有料記事について

 以下の有料記事では1つのファイル(PDF版)のダウンロードが可能になります。

 ダウンロード可能ファイル
 
・質問50(5W1Hを使用 *whoはなしとする
 *家族や宗教等の質問はない

 しかし、

 購入したけど問題のレベルや内容が生徒層に合わない!」ということもあると思います。

 そういったミスマッチングを防ぐために、問題で使われている文法をお伝えします。

〜文法のレベル〜

・疑問詞
・過去形(1問)
・不定詞(数問)

草食系教師
草食系教師

それでは以下有料記事になります。これを持っていけばウォーミングアップはOK!

コメント

タイトルとURLをコピーしました