学級崩壊が多い11月

学級経営

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「学級崩壊が多い11月」をお伝えします。

 11月は最も学級崩壊が多い時期で、11月クライシスとも呼ばれます。私は1年で2番目に学級経営に力を入れる時期です。ちなみに1番は4月、特に黄金の3日間です。

 11月に学級が乱れたり、問題が起きたことはないでしょうか?
 その時期は学級開きから半年が経ち、学級担任の指導にも慣れが出てくる危険な時期になります。

草食系高校教師
草食系高校教師

11月になぜ学級崩壊が多いのか、そしてそのどのように予防すれば良いかをお伝えします。ぜひご覧ください!

11月クライシスとは

 クライシス(Crisis)とは「危機」「重大局面」のことです。コロナクライシスという言葉をここ数ヶ月よく聞きますよね。つまり、11月クライシスとは、11月頃になると、クラスの雰囲気が悪くなり、荒れ、危機が訪れるということです。

 「なぜ11月に!」と思われるかもしれません。実は、要因がいくつかあります。見ていきましょう。

なぜ11月?

1.学校行事が少なく、目標がなくなる時期

 11月は学校行事が少ないです。たとえあったとしても文化的な行事が多いと思います。
 9月10月に、体育祭や文化祭が多いと思いますが、それに向かって一生懸命練習をしたり、準備をしていたりしていたと思いますが、それらが終わった11月は目標がなく燃え尽き症候群になっている生徒がいます。

 楽しいことがなくなると、気持ちが下がってしまい、違うところに楽しさを見出そうと生徒問題に発展することがあります。

2.”慣れ”と”だれ”が出る時期

 中学・高校1年生と2年生は”慣れ”と”だれ”が出てくる時期です。3年生は受験に向けて力を入れる時期なので、学級崩壊はなりにくいと思います。
 
 特に高校2年生はいわゆる”中だるみ”と言われる学年なので、慣れと中だるみはとても危険です。
 
 高校1年生は、夏休みまでは「高校に慣れる時期」です。右も左も分からないですし緊張感もあり、クラス全体の学級崩壊はほとんどないと思います。しかし、個人間での問題は1番多い時期とも言えます。

3.本格的に寒くなる時期

 秋から冬にかけて気持ちが落ち込む「季節性うつ病」が少し関係があるかもしれません。日照時間が短くなる10月から11月にかけて症状があらわれはじめ、日差しが長くなる3月頃になると回復するというサイクルを繰り返します。

 中高生は気持ちのコントロールをすることが難しく、気分が落ちるとストレスが溜まる傾向にあるようです。そのストレスが積み重なると人間関係の綻びが生じて、それがクラス全体に影響することがあります。

予防

 学級崩壊を防ぐためにも予防は早ければ早いほうがいいと思いますが、夏季長期休暇明けの9月から本格的に取り組んだほうが良いでしょう。私が11月クライシスを防ぐために実際に行なっていることをご紹介します。

  • 9月〜11月にかけてSHRでクラスの目標を再確認。
  • 11月〜12月のSHRは元気に行う。
  • 11月にLHRを使って楽しいことをする。
  • クラス写真を撮ってみる。
  • 生徒の声かけの量を増やす。
  • 掃除に力を入れる。
  • 整理整頓をする。

生徒のサイン

 乱れる前には必ずサインがあります。その兆候を見逃してしまうと大変なことになってしまいますので生徒をよく見ましょう。

チェックリスト
  • 遅刻・早退が増えた。
  • 下校後の机や椅子が乱雑。
  • 下校後の机上に物が置いてある。
  • ロッカーが散らかっている。
  • 教室の掲示物が曲がっていたり、折れていたりすることが増えた。
  • 目つきや表情がきつくなった。
  • 風紀面が乱れている。
  • 一緒にいる仲間が変わった。一人でいることが多くなった。
  • トイレに行くことが多くなった

最後に

 今日は「学級崩壊が多い11月」をお伝えしました。魔の11月に何も起こらないためにも事前の予防がとても大切になってきます。私は初担任の年度に学級がかなり乱れてしまいました。それからどうすれば良いか先輩の先生方に聞きまくり、勉強させてもらいました。また、次年度以降生徒のおかげもありますがトラブルが少なくなりました。

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」 という言葉がありますが、ぜひこれを参考にして皆さんは賢者になってください。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

予防がとても大切だよね!

草食系高校教師
草食系高校教師

11月は本当に気をつけなければいけませんよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました