教室の乱れは心の乱れ 〜学級経営技〜

学級経営

こんにちは、草食系高校教師です。

本日は、「教室の乱れは心の乱れ 〜学級経営技〜」

 6月が学級開きだったところも多かったのではないでしょうか。「黄金の3日間」という言葉があるようにその期間は非常に大切ですが、例年の学級開きよりも分散登校や時差登校によりバタバタし、大切な3日間をうまく利用できなかった先生方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 タイトルにある「教室の乱れは心の乱れ」は学級経営の基本の考え方ですし、1番大切だと私は思っています。
 今日は、教室のどこに注意を払い教室美化に努めれば良いかをお伝えします。1年間継続するべきことですのでぜひご覧ください

教室美化

 

黒板

 「黒板は生徒を映す鏡」と言われていますので1番気を使うポイントでしょう。隅から隅までキレイに拭き、可能であれば何も書かない状態を保つことが大切です。私の所感ではありますが、黒板が汚いと生徒の落ち着きがないように感じられますし、そういう時に限って生徒指導案件が起きたりします。

机・椅子の配置

 机を並べる時は、「タイル◯個分」と決めて、配置した方が上下左右揃えられてキレイに並べられます。さらに、椅子の位置を真ん中に置くと教室の雰囲気がビシッと締まります。
 また、横や後ろの壁にくっつけたがる生徒がいますが、学級崩壊のサインの1つですので、必ず戻した方が良いです。

カーテン

 カーテンタッセル(カーテン留め)がある場合はそれに束ねたら良いですが、ない場合はどうしても汚く見えてしまいます。それをどうにかして留めたほうがいいです。私は、100均にあるカーテンタッセルとシールで貼る鍵をかけられるようなものを買います。(説明が下手ですいません)

掲示板

 掲示板はほとんどの学校が黒板の横にある場合が多いと思いますが、黒板と同じように生徒を映す鏡だと思います。A4やB5等の紙のサイズごとに貼ったり、書類の種類別に分けて掲示をしています。

おまけ

 3月に担任になることが決まったら、該当学年の教室を見に行きましょう。教室によって外の景色が変わる場所、床の色や壁の色が違う場所もあると思いますが、もし学年裁量で教室の場所を変えられるのであれば、注意すべきポイントがあるのでご覧ください。

教室の位置

 必ず明るい教室を選びましょう。教室が暗いクラスは気持ちも暗くなるのか問題が起きることが多いと思います。

床の色

 床の色も明るい方が良いですし、過去の汚れがあまりない方が良いです。理由は教室の配置と同じです。

最後に

 今日は、「教室の乱れは心の乱れ 〜学級経営技〜」をお伝えしました。学級崩壊の一歩は教室の乱れからです。担任1年目と2年目の時はほとんど毎日生徒下校後に教室に行き、上記の場所をチェックして整頓していました。大変ですのであまりオススメしませんので、清掃指導の時に力を入れた方が良いですね!
 ぜひ明日から教室をチェックしてみてください。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

教室美化は大事だよね

草食系高校教師
草食系高校教師

教室の乱れは心の乱れ、心の乱れは服装や素行の乱れ。ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました