入試1週間前からする5つのこと

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「入試1週間前からすること5選」をお伝えします。

1月から3月にかけて中学・高校・大学入試がピークを迎えます。全国の児童生徒にとって勝負の3ヶ月がやってきます。入試に勝つためにたくさん努力してきたことでしょう。毎日しんどい思いをしてきたことでしょう。

脱力系教師
脱力系教師

必死に頑張っている受験生はすごいよ!

草食系教師
草食系教師

本当にすごい!頑張って欲しいね!

その重ねてきた努力を100%発揮するために、入試1週間前からすることを5つお伝えします。受験生、保護者、教員の皆さん必見です。

入試1週間前からすること5選

①生活習慣を大学入学共通テストに合わせる

 大学入学共通テスト1週間ほど前から試験当日の起床時間と同じ時間に起きて当日と同じスケジュールで勉強しましょう。決まった時間に起床し学習することで、体が慣れてその時間に頭が冴え、フル回転できるようになります。
 

 入学試験は体力勝負ですので、起床時間と就寝時間を決め、最低7時間は睡眠時間を確保しましょう。体の健康だけでなく、精神の安定にもつながります。

②マイルールを決める

 試験当日にすることを事前に決めておくことで集中力を下げる要素、“迷い”をなくすことができます。

 細かいところまで決めておくとよいでしょう。使うペン、持って行く物、自宅を出発する時間、問題の解答順、休憩時間の使い方、朝食のメニューなど選択肢のあるものは事前に決めておくと迷いがなくなり、集中することができます。

③自信をつける

 自信があるのとないのとでは試験のパフォーマンスが全然違います。本番1週間前からは自信をつける必要があるため、新しい問題や難しい問題には取り組まない方が良いでしょう。

 1週間前にわからない問題に直面すると自信をなくし、精神的に良い状態ではなくなります。1週間前は復習期間とし、それまでに解くことができた問題のミスを回避することに重点を置きましょう。

④試験会場までのルートを確認する

 必ず試験会場までのルートを事前に確認しましょう。初めて行く場所は先が見えません。所要時間や道路状況などがわからないため、人間はストレスを感じたり疲れたりします。

 初めて行く場所より慣れた通学(通勤)方が気持ちが楽ですよね。それと同様です。普段の力を発揮するためにも怠らずに事前確認しましょう。

本番当日と同じ時間の公共交通機関を使って、混み具合を確認するのも必要でしょう!

⑤朝食に気をつける

 朝食を必ず取ることは言わずもがな最も大切なことですが、普段と同じようなものを食べましょう。気合の入った保護者は、げん担ぎだからと言って普段食べない「カツ」を出してくるかもしれません。しかし、可能な限り避けた方が良いでしょう。

 普段食べないものを食べることで胃に負担がかかって消化が遅くなったり、体調不良を招いたりすることがあります。保護者にはいつも通りの朝食をお願いしましょう。

最後に

 今日は「入試1週間前からすること5選」をお伝えしました。

今日は、
①生活習慣を大学入学共通テストに合わせる
②マイルールを決める
③自信をつける
④試験会場までのルートを確認する
⑤朝食に気をつける

5つをお伝えしました。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければ下のランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

↓この枕めちゃめちゃ寝れますよ。笑 睡眠の質向上にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました