学級崩壊を経験 〜原因と立て直し方法〜

学級経営

草食系高校教師です。

今日は「学級崩壊を経験 〜原因と立て直し方法〜」をお伝えします。

毎日ブログを書いているせいか、Twitterで「草食系高校教師さん知識量すごいですねー」「すごい先生なんですね」とコメントやDMをもらったりすることがありますが、私は1つも凄くなんかありません。むしろ、ポンコツです。

私は人よりも失敗経験が多いだけなんです。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉がありますが、私は完全に前者でした。今や私のモットーになっている言葉ですが、昔は「いけるだろう」と根拠のない自信を持っていました。それが驕りとなって、数々の失敗を経験してきました。今日は、教員1年目に学級崩壊した話をしたいと思います。皆さんには私のような愚者になり、失敗して欲しくないのでその意味を込めてお伝えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

私が自ら失敗したこととその状況に陥ってしまったことをお伝えします。教員人生で1番辛い1年間でしたが、この1年間が私の教員としてのベースになっています!

学級崩壊した原因

 担任1年目の時に学級崩壊しました。当時、高校1年生の担任でしたが、魔の11月に起こりました。「言う事を聞かない」や「授業中に立ち歩く」と言ったことではなく、生徒と私の信頼関係がほとんど崩壊したタイプです。原因が2つありましたので、見ていきましょう。

行事

 発端は10月に行われた文化祭でした。言い訳も何もありませんが、担任1年目+教育困難校+慣れない土地+慣れない仕事という四重苦で、文化祭を生徒に丸投げして自分のことを優先してしまったことが1つの原因です。

 「生徒だけで考えて乗り越えて欲しい」という意図も込めてその方法を取りましたが、私が言葉足らずであったこと、高校1年生ということや他のクラスの先生がかなり手伝っていたこともあり、不満が爆発した形になってしまいました。

 直接文句を言ってきたり他の先生を通してだったり保護者からクレームが来たりと、途中で担任を変えるレベルくらいまでいっていたと思います。教員生活最大の失敗でした。

威圧的

 初担任ということもあり「なめられないようにしよう」と謎の意気込みで、普段から威圧的な態度で生徒と接してしまったことが原因の1つです。特に、ホームルームの雰囲気はお葬式状態だったと思いますし、朝と帰りのホームルームは連絡をして終了でした。

 スポーツ校や厳しい雰囲気の学校であれば、威圧的な先生がいても良いかも知れませんが、他の先生方がとてもフレンドリーでアットホームな学校でしたので他の先生とのギャップもあり、不満が出てしまいました。

まとめ

◯学級の活動は担任も一緒になって行ったほうが良い。

◯威圧的な教員は時代錯誤。

学級崩壊を立て直す

 学級崩壊を立て直すために私が変わった事を紹介します。

生徒と接する時間を増やす

 生徒とそんなに接していませんでしたが、一緒の時間を共有することを心がけました。まずは、「朝と帰りのホームルーム(SHR)は学校で1番長く行う」でした。それまでは連絡をして注意喚起をして終了で毎日30秒で終わってましたが、心を開いているという意図を込めて「土日にあったこと」や「今日は何の日」など、とにかく話をしました。

 そして、掃除、授業中や廊下で会った時など、生徒に話しかけるようにしました。「最近どうだー」という決まり文句からスタートして、とにかく何でも話をしました。

威圧的なスタイルから大きな方向転換をしましたが、話しかけていくと逆に生徒から話しかけられることが増えていきました。

思いを伝える

 上記の通り、「朝と帰りのホームルーム(SHR)は学校で1番長く行う」という事を実践しましたが、その中で学級に対する思いを多く伝えるようにしていました。それまで、「何考えているのかわからない」と言われることがあったため、それ以降は「◯◯な学級にしたい」「◯◯を身につけて欲しい」と担任として、大人としての思いを伝えるようにしました。

思いを伝える事で、生徒の私に対する目が変わってきたのが顕著に現れてきました。

裏で他の先生がしてくださったこと

  私が上記の2つを行ったから、全てが変わったわけではありません。他の先生がサポートしてくださったからこそ多少立て直すことができたと思います。

担任の思いを代弁

 私が生徒に対して思っている事を他の先生が代弁してくれていました。よく飲みに誘っていただいていた先生には学級に対する思いをよく話をしていたのですが、教科担任であったこともあり授業中に代弁してくださっていました。

生徒への根回し

 生徒への根回しをしてくださっていました。具体的な内容はわかりませんが、明らかに朝と帰りの生徒の態度や表情が違いましたので他の先生方が何か仕掛けてくださっていたと思います。

最後に

 今日は「学級崩壊を経験 〜原因と立て直し方法〜」をお伝えしました。「学級崩壊した原因」「学級崩壊を立て直す」「裏で他の先生がしてくださったこと」の3つのカテゴリーの内容でした。

 もちろん学級崩壊はするよりしない方が良いでしょう。しかし、したからこそ学んだことや気づいたことが多くありました。そして、この1年間が教員としてのやり方やあり方のベースとなりました。

 もし今学級がうまくいかなくて悩んでいる方がいれば、失敗の先に初めて見える景色がある事を忘れずに!本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

学級崩壊は嫌だね。。。

草食系高校教師
草食系高校教師

とてもとてもとてもとても辛かったですよ。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました