道徳教育 〜ハチドリのひとしずく〜 (授業実践例あり)

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「道徳教育 〜ハチドリのひとしずく〜 (授業実践例あり)」をお伝えします。

小学校では平成30年度から、中学校では平成31年度から「特別の教科 道徳」(道徳科)が始まりました。道徳=モラルを指しますが、昨今「モラルがない人」や「モラルに欠ける人」、つまり「社会において善悪の理解がない人」が増えているように思います。

今回のコロナウイルスで日本人のモラル低下が露呈されたのではないでしょうか。「トイレットペーパーやティッシュの買い占め」「◯◯がなくなると言った嘘の流布」「マスクの高額転売」「医療従事者の差別」「他県ナンバー狩り」など、モラルの欠けた行動が増えていました。

もちろん、長期間にわたる生活の大きな変化、我慢が続く疲労感、ウイルス感染への恐怖、事態の打破が見えてこないことへの不安があったのかもしれません。

草食系高校教師
草食系高校教師

SDGsの活動にも繋げられる話を紹介します。

ハチドリのひとしずくとは?

 南米のアンデス地方に伝わるお話です。それを文化人類学者で環境運動家である、明治学院大学国際学部教授の辻信一さんが翻訳したものが2005年11月に出版されています。

話の内容

 山火事が起き、森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました。しかし、1匹のハチドリだけは逃げませんでした。そのハチドリはくちばしで水のしずくを言って基ずつ運んで火の上に落としていきました。
 他の動物たちはハチドリの行動を見て笑いましたが、ハチドリはこう言いました。
「私は、私にできることをしているだけ」

ハチドリのひとしずく-ハチドリ電力-

SDGsにつなげる?

 このハチドリのひとしずくをSDGsの学習につなげるのはどうでしょうか。

 ハチドリのひとしずくから学ぶことは「今自分にできることを精一杯しよう。それをみんなが実行したら大きなことを達成することができる」ということです。

 SDGsでは、国際目標がありますが1人1人が行動しなければ達成できません。「今自分に何ができるか」ということを考えられるきっかけになればと思います。

SDGsとは?

Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」を意味します。2016年から2030年までの17の国際目標です。

簡易版指導案(45分 全3時間想定)

1時間目

時間教員生徒
5分挨拶・導入話を聞く
5分ハチドリのひとしずくの本文を読ませる本文を理解する
5分ハチドリのひとしずくの動画を見せる内容を理解する
20分気づいたことや感じたことをワークシートに記入させペア、グループ・クラスで共有するグループワークする
10分教員の話・まとめ話を聞く

2時間目

時間教員生徒
3分挨拶・前回の内容確認話を聞く
10分SDGs導入話を聞く
5分17の国際目標と照らし合わせて今自分にできることを考える考える
5分グループで共有するグループワークをする
20分グループで1番良い考えを模造紙やタブレット(あれば)等でまとめるグループワークをする
2分教員の話・まとめ話を聞く

3時間目

時間教員生徒
5分挨拶・前回の内容確認話を聞く
10分グループまとめ・発表準備話を聞く
25分グループ発表考える
5分グループで共有するグループワークをする

最後に

 今日は道徳教育〜ハチドリのしずくとは〜をお伝えしました。この活動の目的は「今自分に何ができるか」を広い視野で考えることです。道徳教育の一環として、またはSDGsを考えるきっかけとして、ハチドリのしずくを生徒に紹介しても良いのではないでしょうか。

 本日は以上です。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

この話は考えるきっかけになるね。

草食系高校教師
草食系高校教師

「今自分に何ができるか」、我々大人も考えた方が良いことですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました