学級経営ですべき4つのこと

学級経営

みなさんこんにちは草食系高校教師です。 

今日は 「1年目に学級崩壊?学級経営ですべき4つのこと」

 突然のコロナ休校から早くも2ヶ月が経ちました。いまだに学校再開の目処が立たず、5月末までの休校が決まった県や市もあるのではないでしょうか。休校が続いているため、学級開きができていない学校もあると思います。または、登校日が少なく、学級経営から離れている学校もあるでしょう。

 少しだけゆったりとした時間が流れている今、学級担任として生徒たちに何ができるか、教員として何をすべきかをぜひこの機会に考えて学級経営を共に見直しましょう!

草食系高校教師
草食系高校教師

失敗経験のある私が、4つのポイントをお伝えします。

はじめに

 私は、現在担任8年目で高3の担任をしています。初担任を持った7年前、学級崩壊しました。それは担任にとって大切な以下の4つができていなかったからです。今でもその生徒には申し訳ないと思いますし、後悔しか残っていません。

 当時は「絶対いける!!」と根拠のない自信がありましたが、時間が経つにつれてポンコツ感が生徒に伝わったのではないでしょうか。「何考えているかわからない」「謎の威圧感がある」など生徒からいろんなことを言われました。

 失敗したからこそ考えて考えて担任をしてきました。私の経験が何か読者の皆さんの力になればと思っています。

1. 黄金の3日間(重要度☆☆☆☆☆) 

 1年間の明暗を分けると言っても過言ではないくらい大切な最初の3日間。教育用語で黄金の3日間と言います。教師の想いを伝える最大のチャンスの日です。

 この3日間で1年間のクラスのルールや担任の熱い思いを伝えます。具体的に1年後どんな人間になって欲しいか・どんなクラスにしたいかを自分の言葉で伝えます。許さないことをココで伝えるとかなり効果があります。

 私は伝えたいことが多かったので、最初で最後の学級通信を作っていました。必ず言うことは「人の不幸の上に自分の幸せを築かない」ことです。冷やかしからかい、いじめの類は絶対許さないのでこの言葉を先に言いました。

2. ぶれない指導(重要度☆☆☆☆☆)

 黄金の3日間で伝えたことを1年間突き通すぶれない指導が非常に大切です。「風紀面は絶対守ること!」と言ったならば、毎日目を光らせて生徒を見なければいけない。

 例えば、Aさんのスカートが短いから注意をした。Bさんもスカートが短かったが気づかずに注意することができなかった。これは完全にアウトです。

 生徒としては「なんであの子は注意されなくて私だけ注意されるの!」←これが多発します。そして、他の生徒も「Bさん注意されてないからバレないでしょ!」が起きます。結果として、風紀面が乱れる+生徒に不満が生じて学級経営がうまくいかなくなります。

3. 生徒をよく見て声かけをする。(重要度☆☆☆☆☆)

 ②のぶれない指導にもつながりますが、生徒をよーく見ていないといけません。服装頭髪の風紀面も大切ですが、表情・言動にも目を向けなければなりません。そして様子がおかしい生徒には声かけをします。

 「最近どうだー」「元気なさそうだけど大丈夫かー」などです。話しかけるとうれしそうにする生徒もいますし、ポロッと悩みを打ち明けたりしてくれます。何よりも未然にトラブルを防ぐことができますし、声かけをしていると生徒からも気さくに話しかけてくるようになります。

4. 定期考査や各行事前後に思いを伝える(重要度☆☆☆)

 定期考査前後には進路においての評定平均値の大切さや進路関係の話をします。目標に向かって努力する姿勢や1つの物事の振り返りをするためです。テスト前であれば「今回気合い入れよう!」、テスト後であれば「次頑張らないとやばいな。」という感情にさせて、やる気を出してもらうためです。

 各行事前には人間関係の乱れや起こりうることを伝え、注意を促します。必ずと言っていいほど人間関係の問題が起きるので。行事後にはなにが起ころうとも褒めるようにしています。クラス単位で1つのことをやり遂げたことに関しての褒めです。

最後に

 これを1年間通したら絶対に良いクラスになります。担任1年目の時にこれらを大先輩に教えてもらったのにも関わらず、根拠のない自信があったためおろそかにして失敗しました。

 まさに「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ですね。何かみなさんのヒントになればと思います。

参考にしてみてください。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

どんくらいの学級崩壊?

草食系高校教師
草食系高校教師

教卓と机の間にベルリンの壁があるくらいですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました