【中学校・高校】英語リーディング授業の進め方例 〜文法と読解のバランスを大切に〜

英語授業

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】英語リーディング授業の進め方例 〜文法と読解のバランスを大切に〜」をお伝えします。

英語の授業は、中学校では「英語」、高校では「コミュニケーション英語」、「論理表現」やその他英語の学校設定科目があります。

そして、英語の教科書は基本的に、読解と文法がセットになった教科書のページを進めていくことになります。

つまり、授業者側の視点で英語の授業を簡単に言えば、「本文の内容を確認して文法を教える」という単純なものです。

しかし、その16文字が非常に難しいのです。

さらに、学習する単語量が増えており、扱う内容も同様に拡大しています。

その中で、カリキュラムの終了と生徒の更なる理解のために英語教員は日々奮闘しています。

さて、今日は「本文の内容を確認して文法を教える」の中にどのような方法があるのかを一緒に見ていけたらと思います。

草食系教師
草食系教師

先生方の引き出しが増えたらと思います。

教科・科目の時間数

 教員は限られた時間の中で教科書を終わらせなければいけません。

 中学校と高校それぞれの年間授業時数を見ていきましょう。

中学校

 中学校の年間授業時数は、「140時間」です。

 計算方法は、

 35週(最低授業週数)×単位数4=140

 となります。

高校

 高校の年間授業時数は、「210時間」です。

 しかし、これは学校によって違いますし、また学年や生徒によっても変わります。

 学校設定科目がある・0時間目や7時間目がある・選択科目がある(文理選択やコース選択)などで、一人一人の授業時間数は変わってきます。

 この210時間の計算方法は

 35週(最低授業週数)×英語コミュニケーション単位数4と論理・表現単位数2=210

 となります。

基本的な教科書の構成

 基本的な教科書の見開き1ページの構成は以下のような形になります。

 そして、次のページには読解問題の続きや文法問題が載っています。

進め方例

 単位数や教科書の構成によって、進め方は千差万別です。

 ここでは上記の基本的な教科書の構成、見開き1ページを3時間50分授業で終わらせることを想定して、1時間ずつ授業の進め方例を見ていきましょう。

1時間目

時間内容概要
5分導入文法の話につながる小話をする
10分文法導入・説明イメージがつきやすい例文の選択や見やすい視覚教材を使う
10分文法問題解答5分は1人で活動して、残り5分は生徒同士で教え合う
15分文法を使ったアクティビティインプットしたらアウトプット。実際にどのように使われるかを確認する
10分まとめ・次回の話扱った文法項目のまとめと次回の学習内容を確認する

先に本文を導入して、新しい文法事項が扱われている本文の箇所を「想像してみよう」と探求学習に繋げることもあります!

2時間目

時間内容概要
10分復習・導入文法の復習と本文の内容の導入する
10分進出単語確認・発音意味の確認と発音をする(隣同士で問題を出し合う)
5分WPMを確認する語数に合わせてどのくらいのスピードで読めるかを測る(わからない文に斜線)
5分スラッシュリーディング速読の基礎のために行う(区切るところを自分で考えて答え合わせ)
15分本文の内容を確認1文ずつではなく、難しいと思われる文や学習文法項目の文を中心に扱う
5分まとめ・次回の話本文の内容のまとめと次回の学習内容を確認する

3時間目

時間内容概要
10分復習本文の内容の確認をする(ここ大事)
10分Q&A本文の内容が頭の中に入っているかを確認する
25分音読する教員コーラス・CDコーラス・ペア・オーバーラッピング・シャドーイング など
5分まとめ・次回の話本文の内容のまとめと次回の学習内容を確認する
草食系教師
草食系教師

音読をするときは「必ず頭の中で意味を想像しながら読む」ことを伝えないとただ音声化してるだけの活動になってしまいますので注意です!

 授業の方法はその先生の色が出ます。私は生徒に活動させて気付かせたいタイプですので、教員の話は少ないです。教員が疲れるより生徒が疲れる授業をしたいと思っています。

オススメ書籍

最後に

 今日は「【中学校・高校】英語リーディング授業の進め方例 〜文法と読解のバランスを大切に〜」をお伝えしました。

 学習する単語数が増え、授業内容が大幅に増えました。そして、入試の出題傾向も変化がありました。「生徒の英語力を伸ばしたい」と思うのは英語教員全員が思っていることです。

 ご覧になった誰か1人に刺さればいいと思って記事を書きました。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければ下のランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました