【中学校・高校】WPM(Words Per Minute)こそ英語速読のカギ 〜英語授業〜

英語授業

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】WPM(Words Per Minute)こそ英語速読のカギ 〜授業で取り入れよう〜」をお伝えします。

2020年度からセンター試験が大学入学共通テストに変わり、出題傾向が変わりました。発音問題や単独での文法問題の出題がなくなったことで、長文読解問題が多く出題され、読む語彙数が大幅に多くなりました。

いつも通りに読んでいては時間がなくなりますので、やはり速読がカギになってきます。

そこで私が取り組んでいたWPMをご紹介します。

草食系教師
草食系教師

生徒にただ「早く読めよー」と言っても基準がわかりませんのでこのWPMを使っています。

WPMとは

 WPMは「Words Per Minute」の頭文字を略したもので、1分間で読める単語数のことです。もちろん、内容の難しさや文章構成により差はありますが、1つの指標として捉えていただければと思います。

WPMの計算式


単語数÷秒数×60=WPM

例)
500語÷200秒×60=150WPM

WPMの基準

 日本人と英語ネイティブの基準の違いを見ていきましょう。

日本人

平均:
大学生:100WPM
高校生: 75WPM


ネイティブ

平均:        300WPM
小学3年生:     150WPM
中学2年生:     250WPM
大学生:       450WPM
速読世界チャンピオン:4700WPM

高校生の目標

 高校生の目標はズバリ「150WPM」です。私はこの数字を意識して授業を行なっていましたが、ではこの根拠はどこにあるのでしょうか。

 大学入試を指導している人はやはり偏差値50以上の大学への合格を意識します。関東では日東駒専、関西では産近甲龍以上ですが、入試問題の語彙数を見てみると約2000語〜約3500語の大学がほとんどでしょう。

 もちろん、解答時間がそれぞれ違いますので語彙数に差が出ていますが、「読む時間と解く時間」を考えると150WPMが妥当です。それでは以下の例を見てみましょう。

関西私大

単語数: 2500語
試験時間:80分 (解く時間を7割確保=56分)

2500語÷150W P M=16.7 (約17分)

(読む時間17分)+(解く時間56分)+(見直し時間7分)=80分

WPMシート例

 実際に使っているWPMシートをご覧ください。毎回授業でこのシートを使い、WPMを計測しています。

オススメ書籍

最後に

 今日は「今日は「【中学校・高校】WPM(Words Per Minute)こそ英語速読のカギ 〜授業で取り入れよう〜」をお伝えします。」をお伝えしました。

 冒頭でもお伝えしましたが、2020年度からセンター試験が大学入学共通テストに変わり、出題傾向が変わる予定です。読む語彙数が大幅に増えるため、「今自分がどのくらい早く読めるかの見える化」をすることが生徒のモチベーションを上げる一助になると思っています。

 本日は以上です。何かの参考になればと思います。読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました