【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart3(助動詞使用)

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart3(助動詞can, must, have to, may使用)をお伝えします。

今回お伝えするのは中学校1年生で学習するcan、中学校2年生で学習するhave to,must,may(新カリキュラム参照)を使った校則インフォメーションギャップアクティビティです。

助動詞は中学校と高校で学習する内容では約15個あり、生徒にとっては何がどの意味になるのか混乱してしまう単元です。

このアクティビティは助動詞を暗記するのではなく、使いながら感覚で覚えるためのものです。

クイズの要素もありますので楽しいものになっていますよ!

草食系教師
草食系教師

ぜひご覧ください!

基本情報

対象学年:中2以降〜

対象人数:1クラス40人ほどまで可能(ペアワーク)

所要時間:15分

 準備物:プリント3枚
     1枚は生徒全員の共通プリント、2枚はA Bに分けられ、インフォメーションギャップの活動

活動内容

 プリント3枚でさまざまな活動ができるようにしました。

 〜活動内容〜

◯共通プリント
 ・T/F
 ・会話形式で答え合わせ(テンプレートあり)
 ・助動詞の分類
 ・アメリカの校則と比べる
 ・写真にあった

◯インフォメーションギャッププリント
 ・正しい方を選ぶ(図あり)
 ・会話形式で答え合わせ(テンプレートあり)
 ・理想の校則を3つの観点で作る

〜会話形式答え合わせ例〜

生徒
生徒

The students must wear the school uniform at school. Do you think it’s true or false?

生徒<br>
生徒

I think it’s true. How about you?

生徒
生徒

I think so, too.

 

助動詞の違いをがわかるようなプリントになっていますよ!

有料記事について

以下の有料記事では2つのファイルのダウンロードが可能です。

①共通プリント(生徒全員用)

②インフォメーションギャッププリントA

③インフォメーションギャッププリントB

*インフォメーションギャッププリントは、ペアワークのいずれかにA、片方にBを配布してください。

中学校2年生までに習う単語のみを使用しています!

草食系教師
草食系教師

生徒が喜ぶ楽しい活動ですよー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました