【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】5W1H (What/When/Who/Where/Why/How)

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】5W1H (What/When/Who/Where/Why/How)」をお伝えします。

5W1Hは中学校1年生で学習する内容ですが、つまずく生徒が増える単元でもあります。

今回、視覚教材としてスライドを作りました。

レイアウトは変えていますが、実際に私が中学生を担当していた時に使っていたものになります。

多忙な教育関係者の力になりたいと思い作成しました。

草食系教師
草食系教師

ぜひお使いください!

スライドの基本情報

テーマ  :5W1H (What/When/Who/Where/Why/How)
 
対象   :中学生〜高校生
      *基本的には中学校1年生に教えるように作成しています。

所要時間 :20分程度

日本語字体:源柔ゴシックHeavy

英語字体 :Arialle

既習事項 :新カリキュラム参照(be動詞と一般動詞・can・人称代名詞・指示代名詞)
      スライド作成には以上の文法しか使っていません。

枚数   :26枚

スライドの内容

 スライドの内容は以下の7つになります。

〜スライドの内容〜

①5W1H一覧(What/When/Who/Where/Why/How)
 *Which、Whose、Whomは含まれていません。

②be動詞と一般動詞の疑問文の作り方(復習)

③5W1Hを使った疑問文の作り方(日本語→英語・英語→英語)

④who(主格)の疑問文の作り方

⑤5W1Hそれぞれの例文(各3文)
 *単元は少し先だが「What+名詞+疑問文」と「How+形容詞(副詞)+疑問文」を含む

⑥「How many 複数名詞+疑問文」

⑦5W1Hを使った文のイントネーション

スライド例

 以下の図はスライド例になります。

 こだわった点
 
 ・見やすいレイアウト

 ・目に優しいレイアウト

 ・字は極力少なく

 ・内容は授業者が順序立てて説明できるように

 ・生徒がよくつまずく点を重点的に

 ・少し遊び心があるように

有料記事について

 以下の有料記事では2つのファイル(PDF版とMP4版)をダウンロードすることができます。

①5W1H(PDF版)
 *アニメーションなし

②5W1H(MP4版)
 *アニメーションあり(音声なし、1スライド5秒)

 パワーポイントやキーノートで作成していないため、アニメーションありの場合はMP4版となります。

草食系教師
草食系教師

それでは以下有料記事(500円)になります。生徒の心を掴みましょう!

有料特典

ご購入いただいた方は1度だけスタイル(色)の変更をすることができます。ご所望のベースの色をお教えいただければ変更いたしますので以下のお問い合わせ、又はTwitterのDMから連絡お願いします。*ご購入時に名前(なんでも構いません)を必ず入力してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました