教師の無駄な仕事

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「教師の無駄な仕事」をお伝えします。

みなさん普段仕事をしていて「これ必要?」「いらなくない?」と思ったことはないでしょうか。

教員の仕事は無駄が多いんです。それらを省いたら1人ずつの負担が減り、本来の業務である”授業”に力を注げるでしょう。

今日はその無駄を紹介しますが、全て挙げていくととキリがないので厳選してお伝えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

もっと時間や仕事の無駄に焦点を当ててなくす運動したいですよね。

仕事のムダ

長時間の会議

 2週間に1度か月に1回開かれる全体の職員会議や週に1度行われる教科会議など様々な種類の会議がありますが、議論の場ではなく、紙に書いてあることを読み上げるだけの発表の場になっていることが多いです。「記載通りです」という一言で済むところをだらだらと何十分もかけてただ音読をしています。
 配布された資料に書かれているので、大半の教員は寝ているか宿題をチェックしているかほかの仕事しているかです。

各種委員会

 勤務校では約30の委員会活動があり、教員1人1人が複数の委員会に所属しています。服装委員会・ICT委員会・美化委員会などがあり、月に1度程度集まる機会ありますが委員会で相談して結論や解決策を出しても結局、学校運営委員会で否決されることが大半です。

月に1度委員会の日が設定されていますのでとりあえず集まって話をするだけの無駄な機会になっています。

部活動

 教員にとって部活指導は無駄だと思います。(もちろん部活を指導したいと教員になった方がたくさんいるのはわかっていますし、生徒が部活を通して成長することもわかっています。)

 放課後から生徒下校時間までの2時間~3時間は部活指導に時間を費やさなければいけません。さらに、土曜日・日曜日も練習や試合があるため、100連勤なんかざらです。最近は「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に則り、休日が設定されていますが、強豪校や私立高校では関係なく休みなしで行っていることが多いです。ぜひ外部委託しましょう。

書類仕事

 学校は何をするにも書類です。この書類作成に多くの時間を費やしています。

 例えば、高校3年生で模試があるとします。まずは、保護者と生徒向け2種類の文書を作成します。そして教員間では、受験科目を集計した書類・試験監督表・管理職連絡のための書類を作成する必要があります。最後に、進路指導部長に実施報告書を作ります。模試1つをとっても6枚の文書を作らなければいけません。

研究授業

 毎年1回全教員が研究授業をしますが、「研究授業をした」という既成事実を作るためです。特にそれ以降の発展がなく、授業者が観察者に「どうでしたか」と聞いて回るだけになっています。しかし、指導案は管理職にしっかり見られるため、気を使わなければいけません。

3者面談

 これまでの勤務校では毎年2回、夏休みと冬休みに全生徒の3者面談を実施しています、2年生冬や3年生夏は進路についての相談があるため、必要になると思いますが、それ以外は無駄です。

 もちろん保護者との関係づくりをするための良い機会だとは思いますが、担任の負担が重すぎます。さらに、話す内容が学校生活についてくらいでしょう。3年間で1回や2回でいいと思います。

最後に

 今日は「教師の無駄な仕事」をお伝えしました。あまりにも仕事の守備範囲が広すぎることや形式ばかりで中身のない仕事や会議の多いこと等、この他にも挙げればキリがありません。よく「教員は多忙だ」と言われますが、実は無駄を省けば改善できるところもありますよね。

 本日は以上になります。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

実は無駄ばかり。声をあげよう。

草食系高校教師
草食系高校教師

同調圧力が強くてなかなか言えない雰囲気ですからね。変えないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました