学年教員の団結

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「学年教員の団結」をお伝えします。

 教員は、学年、分掌、部活、委員会など様々な部署に所属しています。その中で1番濃く関わるのは学年です。職員室の座席が学年ごとになっていることがそれを表していますが、学年の先生と多く関わることになります。良いことも悪いことも共有することになりますので、団結することが必要です。

 

草食系高校教師
草食系高校教師

学年の先生とは仲良くしましょう。

学年教員の構成例(3クラス編成の場合)

〜1パターン目〜
学年主任1人
学級担任3人
副担任2人

〜2パターン目〜
学年主任1人
学級担任2人(学年主任が学級担任兼務)
副担任3人

〜3パターン目〜
文章部長1人
学年主任1人
学級担任3人
副担任2人

学年主任が学級担任を兼務する場合や分掌部長が学年に所属する場合もあります。学校の規模により学年の教員の数は違いますし、私立学校であれば経営状況により変わってくることがあります。

団結するために

飲み会

 学年の飲み会が行われることがあります。学年教員に飲んべえがいれば飲み会の頻度は高くなる傾向にありますが、学年団発表から学期始まりまでの間に1回と各学期終了後が多いでしょうか。

 私は過去に週に1度は飲みに行く仲のとても良い学年がありました。飲み会は否定派ですが、飲み会でしか話せない内容や他の先生のクラスの苦悩や担任術を聞ける良い機会でしたので若いときは行くべきなのかと今になって思っています。

飲み会の記事

報告連絡相談

 学年団には良いことも悪いことも報・連・相しましょう。生徒に関わることであれば、何気ない一言が今後の指導の材料になることもあります。そして、悪いことであれば学年全員で対策を考えます。

〜良いことを共有する〜

草食系高校教師
草食系高校教師

2組の田中、最近授業の取り組みすばらしいですね。みなさん見かけたら褒めてください!

担任指導の賜物ですね。私6時間目授業なので褒めておくわ。

次の時間授業なので褒めておきますね!

 この会話はとても大切です。これを継続的にしていくことによって学年の雰囲気がガラッと変わります。生徒の帰属意識が高まり学校生活を意欲的に送る生徒が増えます。以前勤めていた学校が「生徒の満足度」をとても考える学校で、全教員この意識で学年運営をしていましたが、卒業時の生徒の満足度は計り知れないものでした。

これをすることによって「学年全員で見守っていますよ」と気づかせることができます。

グループLINE

 学年教員のグループラインを作ることがあります。正規教員になってからは毎年必ず作っています。他学年の様子を見ても作っている学年が多いです。

 毎日使うことはほとんどありません。教員の欠席連絡や警報時の対応などの連絡をする時に利用することが多いです。また、飲み会の連絡はこれを通じて行われます。

 以前、教員間がとても仲の良い学年に所属していたときはプライベートの写真や出来事なんかも送り合っていました。しかし、今考えると公私混同していたので良くなかったと思いますが。。

雑談

 雑談のしすぎは良くないですが、適度に雑談することは必要だと思います。学年の先生とのコミュニケーション、報告連絡相談を含みますが、それは仕事を円滑に進めるためにはするべきことだと思います。私のように報連相しかしない無愛想な教員もいますが。

 雑談の中で多いのが「1組の小野、あの生徒やる気ないですよね」「同じクラスの和田もですよー」など、ネガティブな内容です。職員室内では生徒の話をすることがありますが、ポジティブな発言は少ないと思います。吐き出すことも一種のストレス発散でとても大切だと思いますが、せめてポジティブ5:ネガティブ5くらいの割合でしてほしいですね。

学年の仲の良さは生徒の雰囲気にも影響しますよね。学年集会の時はあえて仲の良さをアピールすることもありますよ。

最後に

 今日は「学年教員の団結」をお伝えしました。学年は1つのチームです。1年間良いことも悪いことも共有し、スクラムを組んで同じ方向を向いて学年を運営します。
 みなさんの学年はどんな雰囲気でしょうか。いがみ合っている学年も多々見受けられることもありますが、楽しくやりましょう。
 本日は以上です。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

仲良い学年は生徒指導がうまくいっているように感じるね。

草食系高校教師
草食系高校教師

生徒は教員をよく観察していますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました