定期試験期間中の学級経営

学級経営

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「定期試験期間中の学級経営」をお伝えします。

定期試験期間中のホームルーム(以下HR)はかなり気を使いますよね。生徒指導案件を出さないために細かいところまで見る必要があります。今日は「定期試験中のHR(朝礼)ですること」「定期試験中のHR(終礼)ですること」「生徒下校後にすること」の3つの観点で、お伝えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

学級経営技ですよ!

定期試験中のHR(朝礼)ですること

受験者数を板書する

 「在籍者数・欠席者数・受験者数・別室受験者」を板書します。また、「ハンカチ・ティッシュ・目薬など」、机上に筆記用具以外の試験中に必要なものを置く生徒も同様に板書します。いずれも試験監督者がすぐに確認できるようにするためです。

カンニング防止について(注意喚起)

 机上、机の中、横にかけているバッグ(チャックがついていないものはロッカーへ)を確認させます。机上の落書き、机の中のプリントがあれば、カンニング行為とみなされるためです。(各学校の教務内規による)

 そして、改めてカンニングについて注意喚起をします。「カンニング発覚後はすべて0点になる」「停学処分になる」など、処分内容は学校によると思いますが「何らかの処分がある」ことを伝えることが大切ですよね。

掲示板・黒板の整理整頓

 掲示板に貼ってあるプリント類はすべて外していますし、黒板には上記の「受験数」だけしか書きません。理由は、国語の試験問題に漢字が出題されることがあり、掲示板や黒板に、出題された答えの漢字が書かれている可能性があるからです。

 以前勤めていた学校でこの事例があり、気づいた生徒と気づいていない生徒に不公平があるということで再試験になったことがありました。

時計の再設定

 教室にある時計はズレていることがあるため、生徒が安心して試験に臨めるように設定し直します。これは前日に行うことが多いでしょうか。

定期試験中のHR(終礼)ですること

下校中の注意喚起

 テスト期間中は通常授業日より早く下校できますので生徒は嬉しくなり浮き足立ってしまいます。そのため事件・事故に巻き込まれることがあります。過去に勤務した学校も含めて、テスト期間中に起きることが多いです。したがって、学級担任は事件が起こる前に注意喚起をした方が良いと思います。

 事件・事故に巻き込まれるケースもありますが、対照的に事件・事故を起こす場合もあります。時間があることで寄り道をしたり、普段考えないことを考えたりしてしまいます。

実際に、不審者に遭遇、痴漢に遭う、盗撮される、交通事故を起こす(自転車)、喧嘩するなどがこれまでにありました。

鼓舞

 「テスト頑張ろう!」のような話をします。全員で「乗り越えるぞー!」とやっても盛り上がります。 生徒には「疲れたー」で1日を終わって欲しく無いので、何か楽しいことをして終わるようにしています。私は、全員で「イエーイ」とするタイプでは無いので、「1日目終了、拍手!!パチパチパチ」とやることがあります。笑

生徒下校後にすること

 考査期間中は簡易清掃にしているため、(選択授業があり、全員揃わないため)、私が生徒下校後に掃除をすることがあります。上記(定期試験中のHR(終礼)ですること)で示したように、事件・事故に巻き込まれる、又は起こすことがあるため、教室の整理整頓は欠かせません。

 「教室の乱れは心の乱れ」ですので、欠かさず行っています。特に2学期の中間・期末試験はちょうど学級崩壊の「魔の10月・11月・12月」にあることが多いですので何があってもするようにしています。

問題が起きた後の対処の労力を考えると事前に動いた方が良いですよね!

最後に

 今日は「定期試験期間中の学級経営」をお伝えしました。今日は「定期試験中のHR(朝礼)ですること」「定期試験中のHR(終礼)ですること」「生徒下校後にすること」の3つの観点で、お伝えしました。

 参考になれば嬉しいです。本日は以上です。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

定期試験中は暗い雰囲気があるのは嫌だよね。

草食系高校教師
草食系高校教師

「疲れたー」感を出す生徒が多数いますが、それは嫌な雰囲気ですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました