女子生徒の対応方法

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「女子生徒の対応方法」をお伝えします。

 みなさん1度は女子生徒の対応に困ったことはありませんか? 接し方や指導方法など、中高の女子の対応には手を焼きます。

 特に、若い男性教員にとって女子生徒の対応には気をつけなければいけません。その“気をつけなければいけない”には2種類があり、1つめは色恋沙汰、2つめは生徒指導です。

 今日は、この2つをメインにお伝えしたいと思います。

色恋沙汰

2人きりにならない

2人きりにならないにも2つ種類があります。
①別室
②はいずれの場所でも

①の別室は、個人面談、生徒指導、相談等あらゆる場面において可能な限り別室での2人のシチュエーションを作らないということです。「体触られた」「暴言を吐かれた」等、もしその生徒が保護者や他の先生に言ったら証拠もありませんので勝ち目がありません。

②のいずれの場所でもは、中学生や高校生は男女関係に敏感で、2人でいると変な噂を立てる生徒が結構います。それが大きくなって写真付きでSNSで拡散された時にはもう収拾が付きません。もちろん拡散した生徒は厳重な生徒指導案件になりますが、噂された教員や生徒はなかなか精神的につらい物がありますよね。

実際にあったケース
 生徒Aから「クラスの人間関係について相談をしたい」と担任に相談があった。その担任は相談事だからと他の生徒に聞かれないように別室(2人きり)で相談を受けることにした。相談内容としては「生徒Bちゃんと仲が悪くなって、そのグループにいるのがしんどい」という趣旨の物であった。生徒Aは担任からのアドバイスを受けて納得し下校した。
 しかし、その日の夜に保護者から「娘(生徒A)が担任の先生に体を触られた。帰ってきてからずっと泣いている」と連絡があった。担任に事情聴取をしたところ「そんなことはしていないし寝耳に水状態」であるとのこと。非常に大きな生徒指導案件なので、学年主任→生徒指導部長→教頭→校長へと報告し、対策を考えることとした。保護者に再度連絡を取り、生徒と来校をしてもらうこととなった。担任・学年主任・生徒指導部長が保護者と話をしたが、その生徒は「触れた」の一点張り。
 結局、担任は交代し、減給となってしまった。

 2人きりのシチュエーションは可能な限り無くしましょう。さもなければ大きな問題に発展する可能性があります。

面談をするときはドアを開け、人通りの多い教室や職員室近くの部屋でやることをお勧めします。

指導

 女子生徒の生徒指導はとてもとてもとても気を遣います。言葉や態度、行動まで考えなければ指導後の関係にかなり響いてきます(信頼関係が築いている場合や素直な生徒の場合、話は別です)。
 頭ごなしに叱っても話を聞きません。論理的に話をしても話を聞かない場合があるでしょう。私も女子生徒の対応は得意ではありませんが、あることをしてから話を聞いてくれるようになり、その後の関係にも響かなくなりました。
 それは指導の時に以下の3ステップを行ってからです。

1 褒める
2 叱る
3 気持ちをあげる

指導例(携帯電話の授業中使用)
1 褒める
「最近、掃除もしっかりしてくれるし助かってるわ。部活の顧問の先生も努力してるって言ってたぞ」 と良いところを伝える。

2 叱る
「携帯使ってた理由は?いいの?悪いの?」 先生方それぞれ叱り方があると思いますが、しっかりと生徒に理解させます。

3 気持ちをあげる
「ダメなものはダメだからなー、次やったら卒業まで没収だからなー(茶目っ気たっぷりで)」 最後は叱らず笑顔で返した方が良いでしょう。

気持ちをあげる理由としては、放課後に生徒指導をすることが多いと思いますが叱られたままの憂鬱な気持ちで下校してしまうと事件事故に巻き込まれやすいからです。

最後に

 今日は「女子生徒の対応方法」をお伝えしました。指導がうまくいかないがあれば上の3ステップを参考にしてみてください。生徒の反応が変わってきます。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

女子生徒は難しい!

草食系高校教師
草食系高校教師

何年やっていても難しいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました