「モンスターペアレントの実態 〜実体験を元に〜」

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「モンスターペアレントの実態 〜実体験を元に〜」をお伝えします。

 2007年に「モンスターペアレント」が流行語にノミネートされ、一気に世間に認知されたと同時に、年々その数は増えています。凶暴さは増し、多種多様なクレームをするモンスターペアレントに疲弊した教員が退職したという話も少なくはありません。
 今日は、実体験と対処方法をお伝えします。

モンスターペアレントとは

 モンスターペアレント、またはモンスターペアレンツと呼び、学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親を意味します。一概にモンスターペアレントと言っても様々なタイプのモンスターがいます。

①過保護・過干渉

②学校に頼りすぎる

③権利ばかりを主張

④倫理・道徳が欠如

 有名な話として、「劇の主役を息子にしろ!」「宿題が難しすぎる。やめろ!」、このような理不尽なクレームはメディアで取り上げられているものがあり、年々内容がエスカレートしており、学校側は頭を悩まされています。

実体験

①娘が心配

 平日の18時頃、保護者(父)から「娘Aがいじめられています。今から会えないですか。詳しいことは後ほど。」と突然の電話。→学年であらゆる可能性を考える。→20分後来校。→父親がカタギの人。

 内容は2日ほど、いつも一緒にいるグループのメンバーから無視されているとのこと。思い当たる節は1つもないとAが言う。学校側が全力で守りますということを伝え、納得してもらった。自分の命の危険を考えながら次の対策を練った。
 

 次の日、そのグループのメンバー1人1人から事情聴取をしたところ、AがSNS上でグループのメンバーの悪口を言っているとのこと。

 とりあえず保護者に連絡をし、Aがしていたことをオブラートにつつんで伝えた。とりあえずその場では保護者は納得した。

 しかし、1週間後、保護者から電話「所属していたグループのメンバーとあれから話をしていない。また仲良くして欲しいのでグループのメンバーとAの話し合いの場を作ってくれますか」とのこと。Aが学校にあまり来られなくなっていたので関係修復の場を設けることに。

草食系高校教師
草食系高校教師

みなさん、小学校ではなく高校ですよ!!

↓続きをどうぞ

 話し合いの場ではAが謝り、他のグループのメンバーも納得してその場は終了した。その後、長期休みに入り、休み期間中に修復していることを願ったが、長期休み明け3日ほど登校し、その後1週間程度欠席が続いた。そういったこともあり、保護者から再度話し合いの場を設けてくれますかと依頼され、場を作ることにした。保護者(父)は「ぜひ同席させてくれ」と強く言ってきたが、さらにややこしくなると思ったので断固拒否。
 

 結果として、その話し合いで関係は修復し保護者からの連絡もなくなった。

草食系高校教師
草食系高校教師

心配する気持ちもよくわかりますが、自分たちで関係を修復するのも社会に出た時の勉強だと思いますね。

②髪は染めていません

 高校1年生の長期休み明けの風紀検査にて、Bの染髪が発覚。生徒は認めないが入学時の髪色と全く違うことから保護者に連絡。しかし、保護者も髪を染めていないと断固否定。来校してもらい入学時の写真と今の髪色の比較をしてもらったが、「髪が日焼けしたんじゃないですか?」と一言。それ以降も何度か来校してもらったが断固否定し続けたため、生徒指導部長と校長の許可を得てその色で地毛登録とした。

 しかし、高校3年生になり、就職試験では髪を真っ黒にしてきた。
 

 結局、生徒が嘘をついていたということ、そしてその嘘を保護者が容認し、保護者も口裏を合わせていたと言うことです。

③担任にバカと言われました

 高3の担任だったとき、18時くらいに保護者から電話。「明日おはなししたいのですがお時間ありますか」とのこと。「何かありましたか」と聞くが「ちょっと・・・」との反応。
このケースはだいたい悪いことなので、覚悟して次の日の面談まで待つことに。

 17時頃、保護者(父・母)・生徒が来校し、別室で対応することに。
お父さんが第一声「うちの息子にバカと言ったか」と激昂。心当たりが1つもないので、冷静にいつどこでだれがと確認したところ、前日の面接指導の時に面接した部屋で私が言ったとのこと。

 完全に寝耳に水状態なので、100%言っていないこと、昨日の状況の説明、私の教育者としての思いと担任としてその生徒への思いを話をしました。激昂した父親の前で冷静に言葉一つ一つ気をつけて話をしなければなりませんでしたが、とりあえず納得していただきました。

 一歩対応を間違えたら学校への信用問題に発展するところでした。

草食系高校教師
草食系高校教師

バカなんて言ったら100%問題になるんだから普通に考えて言いませんよね。

対応方法

学校へのクレーム

 学校へのクレームの場合はすぐに上司に報告連絡相談をし、学校としての判断を下してもらった方が良いでしょう。

個人へのクレーム

 「担任を変えてください」などの個人へのクレームの場合も、まずは上司に報告連絡相談です。その後、直接お会いして担任としての思いやその生徒への思いを一生懸命伝えたらだいたい収まる気がします。(保護者によりますが。)

最後に

 今日は「モンスターペアレントの実態 〜実体験を元に〜」をお伝えしました。モンスターペアレントは私たちが想像もしないようなクレームを言ってきます。対応方法に正解はありませんし、マニュアルもありません。だからこそ難しい問題ではありますが、数ヶ月後には笑い話になります。
 これまでに皆さんが出会ったモンスターをぜひ教えてください。また、これを見て何かヒントになればと思います。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

モンスターペアレントは毎年数件あるね。

草食系高校教師
草食系高校教師

所感ですが、昔より結構増えた気がしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました