仕事術

ブログ

プラスαの考え方 〜教員の仕事術〜

「昨年はこうだったから」や「例年そのやり方でやってるから」と言われますが、私は同じことをして同じ結果ならばもう1つ上の結果を求めるためにプラス1のことをしたいと思います。ここでは、インターンシップと小高連携の例を出して実践例を紹介しています。
ブログ

「教員の仕事の優先順位」

「To Do List =することリスト」を毎朝することで、仕事を見える化する大切さ、リストは抽象的ではなく具体的に、優先順位の考え方、空き時間を最大限に使うの4つの観点でお伝えしました。今後の皆さんの仕事の役に立てればと思います。
ブログ

通知表の所見について

みなさん通知書の所見を書くために多大な時間を費やしたことはないでしょうか。まさにこの時期(7月上旬〜中旬)に所見を書いている方も多いでしょう。所見を早く終わらせる技を紹介します。
ブログ

セルフ働き方改革

世間では「働き方改革をしましょう!」と推進していますが、学校現場では逆に仕事の多様化や複雑化により仕事量は増加。アクティヴラーニング、ICT機器導入、探求学習など、教育改革に向けて働き方改革と逆行しているのが学校現場。現場が変わらないのなら自分が変わりましょう。その名も「セルフ働き方改革」です。
ブログ

教師のアンガーマネジメント

「教師のアンガーマネジメント」をお伝えします。教師も人間ですので、イライラすることが多々あります。学校行事が多くて普段と違う仕事をする時や定期考査前のテスト作成や成績処理など締め切りが迫っている時など心と体に余裕がない時がありますよね。6秒ルールとその場を離れるというのを見ていきましょう。
ブログ

学校現場の報告・連絡・相談の大切さ

今日は、「学校現場の報告・連絡・相談の大切さ」についてお伝えします。報・連・相ができていれば、事前に問題を食い止めることができたり、解決できたりすることがあります。今日は具体例を出しながら学校現場でいかに報告連絡相談が大切かを伝えるよ!
ブログ

教師の仕事の時短術

教師の仕事効率化のための技をお伝えします。通知表のコメントを時間かけずに行う方法、定期考査の採点の技等を載せてありますのでご活用ください。私は教員3年目くらいまでは毎日22時頃まで残って担任業務・分掌業務・部活動業務・教科指導の準備を行っていました。
タイトルとURLをコピーしました