【中学校・高校】定期テスト(考査)の効率的な作り方

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】定期テスト(考査)の効率的な作り方」をお伝えします。

定期テスト(考査)は生徒の理解度を確認できたり、授業の反省をしたりできる教員として成長できる大きな機会です。

毎回作成している定期テストですが、今回は文字化して改めて定期試験について考えてみようと思います。

草食系教師
草食系教師

定期試験作成の注意点をお伝えします。

テスト作成時の留意点

 私が実践している留意点を5つお伝えします。これまで3校の私立学校に勤めてきて教えてもらったことと自ら考えて行っていることをお伝えします。

 ぜひご覧ください。

平均点を60点前後にする

 平均点の基準が学校で決められています。

 「平均点を◯◯点くらいにするように」と教務部から試験に関しての説明があると思います。

 学校によって平均点は様々だと思いますが、基本は60点前後です。

難易度を3段階に分ける

 テスト作成時に、難易度を「A・B・C」の3段階に分けています。

 点数配分や狙いをそれぞれ変えています。

A:基礎問題     50%

B:応用問題     30%

C:難易度の高い問題 20%

テスト作成は2週間前〜1週間前

 テスト作成は基本的に2週間前〜1週間前までの完成が望ましいです。

 これは完全に学校によって様々ですが、「当日までに完成すれば良い」というゆるい学校もありますし、「1週間前までに教科主任に提出」と厳格なルールがある学校もあります。

 同学年で2人以上の教科(科目)担当者がいる場合は、単元ごとに分けて作成するか、学期ごとに担当者を分けて作成をすることが多いでしょう。

 作成後は担当者間で確認をします。

 担当者によっては「ここ重点的に教えていないから別の問題に差し替えて欲しい」や「ここの問題難しすぎないですか」と訂正や提案がありますので、テスト当日までに確認作業を繰り返して、完成となります。

試験時間の80%を生徒に使わせるようにする

 テスト時間の80%を解答時間残り20%を見直しの時間となるようにテストを作成するのが望ましいと言われています。50分の試験時間であれば、40分を解答時間、10分を見直しの時間となります。

 私が初任の頃に勤めていた私立学校では「開始30分以内に終了するテストは作成者が悪い」との風潮があったため、上記の割合で作成するよう教わりました。

 私は英語科ですので、時間配分はどうにでもなりますが、副教科の先生はとても苦労されていたのを覚えています。学校によってルールは違いますし、現在の勤務校は10分で終わったテストを作成しても何も言われません。

 稀に、10分で終わるテストを作成する方がいますが、あれはだめです。

テスト内容

 テスト内容は「テスト範囲の内容」と言ってしまえば終わりですが、授業中に重点的に取り組んだ内容を出題するようにしています。

 また、その学校の生徒が進学先に多い高校や大学をピックアップして傾向を似せた問題を出題するようにしています。

重点的に説明したところや生徒がつまづいたところに印をつけておくとテスト作成時に悩まなくても済みます!

テスト作成にあたって

 基本的にほとんどの先生がワードを使いテストを作成しています。

 希にエクセルや一太郎派がいますが、問題作成はワードの方が扱いやすいでしょう。

 テスト作成のフォーマットのルールが学校や教科単位である場合があります。以下、これまでに勤めた学校のルールをお伝えします。

テスト作成時のルール
  • サイズ指定(B4サイズ)
  • 文字の大きさ指定(10.5pt)
  • 余白設定(上下左右30mm)
  • 表紙作成(以下の図参照)
  • 表紙の注意事項の統一
  • 印刷済みのテストの保管場所の統一
  • 作成ファイルの保存場所の統一(教科の共通フォルダ)
  • テストメーカー使用禁止

 そして、私は以下のような表紙をつけていました。

テストの作成時間

 個人差は大きくありますが、私は1つのテストに作成開始から終了まで大体3時間くらい費やしていました。10時間以上費やす人もいますし、対照的に30分で終了する先生もいます。

 基本的に、教員用の指導書の中にテストメーカーは入っていますが、難しく作られていることが多く、学校のレベルによっては使えない場合があります。

解答用紙と模範解答の作成

 テスト作成は問題用紙作成・解答用紙作成・模範解答の3つを作成して終了となります。私は解答用紙をエクセルで作成しています。入力がしやすいためとそれを使って分析をするためです。以下解答用紙になりますのでご覧ください。

解答は採点をしやすいように、記号問題を「アアアア」や「アイウエ」にすると解答時間短縮に繋がりますよ。

最後に

 今日は「【中学校・高校】定期テスト(考査)の効率的な作り方」をお伝えしました。文字化することでテスト作成時に気をつけることが再認識できましたよね。

 お忙しい皆さんの参考になればと思います。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければ下のランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました