教えない授業(英語) 〜実践例あり〜

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「教えない授業 〜実践例あり〜」をお伝えします。

昨今、アクティブラーニングや探究学習など、生徒が能動的に活動をする授業スタイルが主流となりつつあります。対して従来のチョーク&トークの授業は廃れ始め、「まだチョーク&トークの授業やってんの」と同僚に揶揄される場面を見ることがあります。日本はちょうど新しい授業スタイルへの移行期ではないでしょうか。

「チョーク&トークの授業をする教員は全員クビにする。」ある海外の10年ほど前の記事に書かれてありました。10数年前に私は海外留学を経験しましたが、チョーク&トークの先生は1人もいませんでした。教える授業よりも教えない授業、つまり自分で考えさせることが多かったと思います。

草食系高校教師
草食系高校教師

今日は私が実践している「教えない授業」をお伝えします。

教えない授業をする根拠

 社会に出ると「答えのない問題」と向き合う機会が多いですので、自ら考えて行動できるような生徒になって欲しいという根本的な意図はありますが、以下のLearning pyramidを参考に授業展開をしています。

 これは学習者が何をすればより記憶に残るかというグラフになります。授業では「Teaching others=他の人に教える」「Practice By Doing=何かをして練習する」「Discussion Group=話し合う」この3つを意識して行っています。

チョーク&トークをする理由

 以前は私も「チョーク&トーク」をしていましたし、これが最良のスタイルだと思っていた時期もあります。私もなかなか現場を打破することができずにいた理由がいくつかありました。現在も従来の授業をする先生と授業について話をした中で感じた、移行を渋る理由を3つお伝えします。

心配

 教えないことや活動を増やすことが本当に生徒の力になっているのかがわからず、ただただ心配であるためです。定期考査は授業担当者の裁量で問題を出すことができますが、模試や学力テストでは違います。

教えたという事実を作る(責任回避)

 高校受験や大学受験の担当科目の点数が悪かった場合、「あの時教えたでしょ」と言うためです。つまり自分の責任を回避するためです。

結果が見えない

 今までチョーク&トークや教え込みの授業である程度の受験結果を出してきたため、結果を知っている方法をとってしまいます。逆に、新しい授業スタイルでの結果を知らないため、鹿kりと結果に結びつくのかどうかがわからず怖くなってしまいます。

リスク

 現在の生徒や保護者は「チョーク&トーク」や「教えられる授業」に慣れていますし、それしか知らない人もいるでしょう。したがって「○○先生の授業、何も教えてくれない」とクレームが入ることがあります。

草食系高校教師
草食系高校教師

保護者面談で「○○先生の授業、何も教えてくれないようなんですけど、伝えてくれますか?」と言われたことがあります。その先生の狙いがわかっていたので全てお伝えしましたが。。。

授業実践例 

 高校2年生対象の英語表現IIの実践例をお伝えします。

使用教材

「Next Stage」「スクランブル」「Vintage」などの、文法の問題集です。どの問題集でも構いません。以下のような問題が書かれてあるものになります。

例) ( ) along he street, I met an old friend of mine.
①Walk ②Walking ③Walked ④Walker

文法テーマ

 単元に指定はありません。どこの単元であっても授業スタイルは同じです。

授業内容

 毎回単元ごと(動名詞・分詞・仮定法など)に1問1答式10問の小テストを実施していますので、予習をしていることが前提の授業です。試験終了後に解答を口頭で伝え、紙を回収し、同様の紙を配ります。(点数書き換え防止のため)

 その後、生徒は問題集を見ずに解答と日本語の意味と明確な根拠を考えます。個人→ペアの流れで考えます。時間経過後、生徒が全て説明します。生徒は当てられることを知っているので考える時間は必死になります。

簡易版指導案

効果

生徒の質問が増える

 生徒は全体に説明するという恐怖の時間が待っているので、嫌でも問題と向き合わないといけません。それをすることによって今までボーッとしていた生徒も考えるようになるので一人一人の疑問が増えます。授業中に質問する生徒が出てきましたし、授業終了後に質問をする生徒が増えました。

やる気アップ

 明らかにチョーク&トークの教え込みの授業よりは生き生きしています。シャイな生徒にとっては苦痛かもしれませんが。。。 1時間ずっと話を聞いているよりは何かの活動をしていた方がやる気を出している気がします。

 これは私の授業だからではなく、小学校からアクティブラーニングや探究学習に取り組んできたためですよね。

最後に

 今日は「教えない授業 〜実践例あり〜」をお伝えしました。ラーニングピラミッドを見たのは7〜8年前ですが、それからはこれを意識して授業をしてきました。衝撃的なのは「Lesson 5%」ですよね。一生懸命説明しても…と悲しくなったのを覚えています。

 これはあくまでも私の所感ですが、授業に関して情報共有できればと思っていますので、ぜひツイッターや問い合わせからご意見ご感想をお待ちしております。ありがとうございました。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

生徒主体でなんでもできたら面白いよね。

草食系高校教師
草食系高校教師

将来的に先生はティーチャーではなくファシリテーターになるのかなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました