修学旅行の引率 〜海外編〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「修学旅行の引率 〜海外編〜」をお伝えします。

学校行事の中でも、1番大きな学校行事といっても過言ではない修学旅行。
生徒は浮足立ってふわふわしますが、教員は心配や不安でそわそわおどおどします。正直、修学旅行の引率は大変なことが目に見えているので…行きたくありません。笑 

生徒の予期せぬことが多々起こりますし、教員側にもミスが起こるしで、てんやわんやします。
私は海外(アメリカ・インドネシア)に2度・国内(京都・沖縄)2度修学旅行の引率を経験しています。

本日は、私が経験した国外(アメリカ)の修学旅行についてお伝えします。引率する立場として注意すべきことやこれしておいたほうが良いということをお伝えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

海外の修学旅行の引率はかなり大変ですよね!

修学旅行の季節

 全国で修学旅行は、季節に関係なく1年を通して実施されています。地域や学年、修学旅行先によって時期が異なりますが、1番多い時期は10月〜12月と言われています。特に10月は暑すぎず寒すぎない気候ですので、生徒の体調面を鑑みて最も集中する時期です。2番目に多い5月〜6月もその理由となるでしょう。

 私は海外の修学旅行(インドネシア・アメリカ)に2度引率していますが、インドネシアは6月、アメリカは10月に行きました。日本は暑すぎず寒すぎない気候でしたが、海外はそんなこともなくインドネシアは暑く、アメリカは寒かった覚えがあります。

6月や11月に修学があるのはありがたい?
学級担任としてはいわゆる「魔の6月」や「魔の11月」の修学旅行は学級経営の観点から見てありがたいですよね。生徒は行事に集中できますし、行事を理由に閉めることができます。

海外引率時の重要な仕事

 引率をする時の最も大切な教員の仕事は1つ、「安全に連れて行き無事に帰ってくること」でしょう。安全最優先であるということです。

 生徒を守るためにはかなり神経を使います。草食動物並みの視野と伝説の投資家であるジム・ロジャーズ並みの勘の鋭さが求められます。海外でのバス移動や空港での自由時間などで乗り遅れたり迷子になったりしてしまったら脇汗ビチャビチャになりますし、教員はパニックになります。

 日本国内であれば、言葉は通じますので中学生や高校生であれば周りの人に聞けば良いですし、日本は安全な国ですので大丈夫でしょう。しかし、言葉の壁は想像以上に高く、迷子の放送も英語ですし生徒が場所を訪ねる時も英語です。優秀な学校であれば問題ないですが、話せない生徒は何もすることができません。さらに安全性を考えたら日本よりは劣るでしょう。したがって、血眼になって探します!

おすすめの修学旅行技

 アメリカ修学旅行を引率した時に学年で取り組んだことですが、その名も「全員同じ服作戦」です。学年で同じ色のパーカー(教員は同じデザインで別の色)を購入し、行き帰りの移動の時はそれを着るようにしました。

 1番神経を使うのがやはり行き帰りです。特に、空港内は人が多く、生徒1人1人が私服であれば見分けがつきません。「制服であれば見分けつくんじゃないの?」と思うかもしれませんが、アメリカの修学旅行は12時間程度飛行機に乗っているため居心地が悪いですし、女子生徒はスカートですので気を使うでしょう。

 さらに、入国審査の時はとても楽です。最初に教員が「同じ服を着ているのは私たちの学校の生徒です」と言っておけば審査がとてもスムーズになります。入国審査で聞かれる定番の質問である「How long will you visit?」や「Where will you stay?」など、聞かれることはほとんどありません。パスポートを見せて、カメラを見て、指を置いて終了になるでしょう。

 初めて海外の引率をしたのがインドネシアでしたが、入国審査でうまくいかなかった生徒が別室に連れられ、予定より大幅に遅れたことがあるのでそれを防ぐためにも「全員同じ服作戦」はかなり良いと思います。デザインは生徒にお願いして作りました。

アメリカで短いスカートはあまり良い印象ではないということもありました。

滞在中はホームステイ

 インドネシアとアメリカ両方での修学旅行の滞在中は生徒も教員も全てホームステイでした。学校のプログラム以外は各家庭に丸投げするため、個人の家を回って状況を確認することは特にありませんでした。それぞれの教員はずっと遊んでいたと思います。笑

 しかし、私は英語科ということもあり、アメリカの修学旅行では特別に支援の必要な男子生徒2名と一緒に約1週間ホームステイをしていたためずっと気を張りっぱなしでした。笑 生徒は英語を全く話せませんし、突発的な行動をすることがあるので教員の引率が必要ということになりました。

海外の修学旅行や短期の語学プログラムはホームステイが圧倒的に多いと思います。引率教員は少し自由です。

修学旅行の事前指導

 ロングホームルームや総合的学習の時間に事前指導を行なっていました。内容は日程の確認、英語の練習、入国審査の練習、ホームステイファミリーへのプレゼント作成、全体で行うパーティの催し物の準備など、様々なことを行っていました。

 海外の修学旅行の事前指導はかなり厳しく行いました。生徒が話を聞いていないや別の行動を取ると大きな問題に発展しますので、安全面をよく考えるとこれはマストだと思います。ピリピリしているくらいがちょうどいいくらいです。

修学旅行の教員の服装

 前述の通り、行き帰りの時は学年で揃えた色違いのパーカーにズボンは私服でした。現地の学校でのプログラムや団体で行動する時は基本的にスーツを着ていました。休日にホームステイファミリーと過ごす時は管理職を含めて私服でした。

気になる海外修学旅行の引率手当を大公開

 学校によると思いますが、修学旅行は国内も海外も準備金と引率手当が貰えます。私の場合は海外(アメリカ)の準備金は10万でした。アメリカは麻疹の抗体検査と予防接種が必要であったり、パスポートの取得にお金がかかるためそれ相応の費用が貰えます。

 引率手当は、国内が5000円で海外が1万円程度だったと思います。公立学校は「学校職員の特殊勤務手当」で5100円と決められているみたいですが、私は私立高校でしたので海外の場合少し高かったのかもしれません。24時間体制の修学旅行を5000円や1万円で引率は低いとも思ってしまいますが。。

最後に

 今日は「修学旅行の引率 〜海外編〜」をお伝えしました。「修学旅行の季節」「海外引率時の重要な仕事」「おすすめの修学旅行技」「滞在中はホームステイ」「修学旅行の事前指導」「気になる引率手当を大公開」の6つのカテゴリーの内容でした。

 24時間体制の修学旅行は教員の仕事の中でも1番体が疲弊します。とてもとても大変ですが、朝から夜まで、生徒と接する時間が長いため普段見ることができない面まで見れる良い機会ではないでしょうか。

 本日は以上です。お読みいただきありがとうございました。もしよろしければランキングをポチッと押していただけるとありがたいです。

 

肉食系高校教師
肉食系高校教師

修学旅行はね・・・大変・・・

草食系高校教師
草食系高校教師

教員になる前はタダで旅行行けるなんてラッキーと思ってましたが、あんなに大変だとは。。。 楽しい面もたくさんありますけどね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました