アクティビティ

英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart19

今日は「英語授業で使えるアクティビティPart19」をお伝えします。今日は仮定法過去を使ったゲームをお伝えします。現行のカリキュラムでは高校で扱う単元ですが、次年度(2021年度)からは中学校で3年生で扱う単元となります。生徒自身が自己表現する楽しいゲームになっていますのでぜひ参考にしていただければと思います。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart18

今日は「英語授業で使えるアクティビティPart18」をお伝えします。中2か中3(教科書による)で習う最上級を使ったゲームをお伝えします。英語授業で使えるアクティビティPart1でお伝えしたJeopardyというゲームの最上級を使ったランキングゲームです。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart17

中高生が苦手な英語の単元と言えば、「準動詞」に間違いありません。今日は、「準動詞」の中でも、不定詞(副詞的用法)に焦点を当ててアクティビティを紹介したいと思います。盛り上がること間違いなしの楽しい活動ですよ!「カルタゲーム」と「いつどこで誰が何をゲーム」の紹介です。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart16

中学校2年生の4月〜5月の文法事項である「be動詞の過去形」を使ったインタビューゲームをお伝えしました。「あなたの先祖は?」というbe動詞の過去形を使った活動をお伝えします。盛り上がる活動に間違いありませんので、是非ご活用ください。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart15

「can」を使った英語のアクティビティ「2030年 ビンゴゲーム」をお伝えします。「can」を使って、「思考力・表現力・判断力」が身につく活動です。結構盛り上がる活動ですので、ぜひご活用ください。「willやwill have 過去分詞」を使ってもこの活動ができますよ!
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart14

英語のアクティビティ「あなたは偉人!」のをお伝えします。これまでは単発の活動が多かったですが、今日は全3時間の大掛かりなアクティビティをお伝えします。「思考力・判断力・表現力」が身につくような活動ですので、ご参考にしていただければと思います。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart13

英語は言語ですので、コミュニケーションを取る1つの手段で、今日は相手に何かを伝える時に使える「伝達ゲーム」をお伝えします。文法関係なし、カタコトでOK。そんな英語を使った楽しいゲームです。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart12

英語は、教科ではありますが、言語でありコミュニケーションを取る手段です。受験では使わなくとも卒業後に少しでも英語を話せるようになってもらいたいと思っています。今日はスモールトークをお伝えします。
英語学習

英語授業で使えるアクティビティPart11

私はこれからご紹介する活動を速読と多読の練習の一環として取り組んでいます。中学校2年生から高校生まで幅広く使える活動になっています。直読直解方式を身に着けられるアクティビティです。是非ご覧ください。
英語学習

英語授業のウォームアップネタ

今回は授業の冒頭5分程度できるウォームアップネタを4つお伝えします。ウォームアップを行い、生徒が授業モードに入るように仕向けます。授業が上手な先生は雑談から始まり、その話の流れで授業まで持っていくかもしれませんが、私はあまり話が得意ではありませんので、ウォームアップネタを取り入れています。
タイトルとURLをコピーしました