【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞

英語授業

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞」をお伝えします。

GIGAスクール構想により児童・生徒の1人1台端末が実現され、ここ数年で授業のやり方やあり方の変化が非常に大きいです。

ちょうど私たちはパラダイムシフトの真っ只中にいる状態でしょう。したがって、教員も探り探りで端末を使い、授業や業務に落とし込んでいます。

さて、今日は1人1台端末があるからこそ実現できる、Google Jamboardを使ったアクティビティをお伝えします。

中学校で学習する文法項目が2021年度から大幅に増えましたが、授業時数が変わっていないことを鑑みると、これまで以上に時間をかけられなくなってきました。

しかし、前置詞の単元は先を見据えると時間をかけた方が良い内容です。前置詞のコアイメージが分かれば、その後学習する郡動詞や熟語を理解しやすくなるからです。

前置詞はこれまで「単語を見て意味を覚える」→「絵と単語を見て意味を覚える」へと学習方法が変わってきました。参考書やインターネットの参考資料には楽しい絵や可愛いキャラクターが前置詞と共に描かれており、目で見て理解できる素晴らしいものがあります。

しかし、今回お伝えするアクティビティは、「絵と単語を見て覚える」を越えて、「触って考えて感覚的に覚える」をプラスした新しい形です。

さて、今日は「Jamboard×前置詞」のアクティビティをお伝えします。

草食系教師
草食系教師

触って考えて感覚を掴めるような新しい活動ですよー!

Google Jamboardとは?

 Google Jamboardは、簡単に言うと共有できるホワイトボードです。

 Google Jamboardでできることは4つあります。

  1. ホワイトボードに手書き・文字や図の挿入・付箋貼り付けができる
  2. リアルタイムで共通できる
  3. チームで共有できる
  4. Google Meetと連携できる
草食系教師
草食系教師

もっと詳しく知りたい方はググってね!笑 今回は1つ目と2つ目を使いますよ!

Jamboardを使ったアクティビティ

 今回お伝えするアクティビティは「Move Prepositions」です。

 それでは基本情報・活動内容・画面確認・活動ルール・活動終了後の4つをそれぞれ見ていきましょう。

基本情報

 それでは活動の基本情報を見ていきましょう。

 対象学年:中2以降〜

 対象人数:1人以上

 活動時間:5分程度
 

以下の使用前置詞が全て出てくる学年が好ましいですよ!

活動内容

 活動内容は、「指定されたオブジェクトを移動させて、前置詞を完成させる」です。

 画面には、未完成の絵、前置詞と意味が書かれています。その未完成の絵を指定されたオブジェクトを使って作るというものです。

使用前置詞

 使用した前置詞は以下の18個になります。

使用前置詞
  1. in
  2. near
  3. outside
  4. above
  5. at
  6. of
  7. off
  8. among
  9. between
  10. over
  11. under
  12. on
  13. by
  14. around
  15. with
  16. from
  17. through
  18. below

パフォーマンステストとして?

 前置詞は英語を学習する限り、必ずつきまとってきますので私は前置詞のコアイメージをつけさせるためにかなりの時間を使います。

 したがって、前置詞だけの小テストを実施したこともあります。その場合、紙とペンでもいいのですが、このジャムボードを使って解答させ、最後にスクリーンショットを撮って教員に提出という形もありなのではないでしょうか。

有料記事

 それでは、以下からは有料記事になります。

 ここでは、Jamboardの共有リンク(生徒用問題ページ・教員用解答ページ)とJamboard中に貼り付けた自作画像のダウンロードができます。

 もし何か購入前に質問があれば問い合わせからご連絡ください。

草食系教師
草食系教師

Jamboardはコピーを作成して使ってくださいね!新しい挑戦をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました