中学校・高校のキャリア教育ネタPart1 〜実践例あり〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「中学校・高校のキャリア教育ネタPart1」をお伝えします。

クラス単位の活動のネタに困ったことはないでしょうか。今日お伝えする内容は、キャリア教育、総合的な学習や探求学習で使えるネタだと思いますので是非ご活用していただければと思います。

草食系高校教師
草食系高校教師

かなーり大がかりなプロジェクトです!

キャリア教育とは

 キャリア=経歴のことですが、「体験・活動を通して1人1人の社会的・職業的、能力や態度を育てること」です。

 噛み砕いて言うと、「様々な活動を通して自分と向き合い、自分の進路を自分で決める力を養う」といったところでしょうか。

基本情報

対象学年:中学校以上

対象人数:何人でも

所要時間:全20時間程度(週1時間)

結構難しい内容を行いますが、特に賢い学校でもありませんでしたのでどこでもできると思います!

活動概要

 テーマは「市をPRする外国人旅行者向けのグッズを作成・販売しよう」です。特に、市からの要請や圧力があったわけではありませんが、教育的効果が高い活動であることと学校PRになる活動がないかと管理職に相談したところこの活動を提案していただき始めることになりました。

 概要としては、それぞれのグループが1つの会社と想定し、元手の10万円で市をPRするグッズ販売をして利益を上げられるように活動していきます。最終的には、クラス内でそれぞれのグループが発表し、投票により2つのグッズを空港で作成し、販売しました。

全体スケジュール

 全体の活動スケジュールです。基本的にグループ活動を長めに設定し、その後インタビュー(市場調査)活動を経て、12月には実際にグッズを作成・販売しました。

具体的な活動内容

①グループ作成

 35人クラスでしたので、5人グループを7つ作成し活動を始めました。1つの会社と想定して活動しますので、会社名や役職を決めてスタートしました。

②外部講師

 外部講師を招き、マーケティングや商売についての話をしてもらいました。

③グループ活動

 グループ活動では考えることが多く、5ヶ月程度使いましたが、全生徒ギリギリでした。特にこちらから「あれを調べろ」や「これをしろ」といった指示はしませんでした。

生徒が調べたこと一覧
  • グッズの種類
  • グッズのデザイン
  • 既存のものがあるか(市場調査①)
  • 作成コスト・販売コスト・利益率など
  • 広告方法
  • 外国人へのインタビュー内容(市場調査②)
  • プレゼン内容                                 など

インタビュー

 実際に販売する空港へ行き、販売しているものの市場調査と外国人へのインタビューをしました。空港のお土産屋さんに「何が売れているか」を聞いて周り、外国人には「何が売っていたら買うか」を英語でインタビューしました。

 私が英語科ということもあり、英語を使わせたかったのです。笑 しかし、英語を母国語をする人よりもアジア系の方が多いことはわかっていたので中国語や韓国語で質問できるようにして行きました。

プレゼンテーション

 それぞれのグループ(会社)がプレゼンをし、自社製品のPR、販売する理由や売れる根拠などを示します。生徒は1番良いと思ったグループに投票をし、票が多かった2グループが実際にグッズを作成・販売することになりました。

 プレゼンテーションはパワーポイントを使って行いました。

作成・販売

 プレゼンテーションで決まった2グループが作成・販売を行いますが、他のグループも全員加わります。クラスを半分に分けて、さらにそこから広報部・経理部などに分かれて活動していきました。

「クラスに一体感が欲しい!」と前々から思っていたので全員でやることにしました。笑

教員の働きかけ

 教員は特に指示を出しませんでした。「ここ足りないんじゃない?」や「この場合どうなる?」など、あくまでも生徒に考えさせるような働きかけだけでした。

 私だけのアドバイスではうまくいきませんので、校長・教頭や社会科の先生に見てもらえるようにお願いしていました。

この活動の意図

 この活動では、キャリア教育はもちろんのこと、国際理解教育や金融教育を学ぶことができるようにしました。特に日本は金融教育、お金の教育があまりされていない現状がありますので、お金について少しでも知るきっかけになればと思っていました。

 また、0を1にする難しさを感じて欲しかったというのもあります。昨今新型コロナウイルスが流行っていますが、100%完治するワクチンは開発されていません。開発するためには0のもの1にするしかありません。さらに、世の中には様々なサービスや商品があります。これから生きていく生徒はそれを越える物を作り出さなければいけません。その一助になればと思っていました。

最後に

 今日は「中学校・高校のキャリア教育ネタPart1」をお伝えしました。「キャリア教育とは」「基本情報」「活動概要」「全体スケジュール」「具体的な活動内容」「教員の働きかけ」「この活動の意図」の7つのカテゴリーでした。

 キャリア教育のみならず、総合的な学習や探求学習、ロングホームでも使えるネタだと思いますので是非ご活用していただければと思います。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

お金はどこから出て来たの?

草食系高校教師
草食系高校教師

ポケッ…ではなく、学校に出してもらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました