英語授業で使えるアクティビティPart20

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「英語授業で使えるアクティビティPart20」をお伝えします。

中学校1年生で学習するwhatを使ったクラス全体でできるゲームです。盛り上がること間違いなしの楽しいゲームですので是非ご活用ください。

草食系高校教師
草食系高校教師

「What is this?ゲーム」をお伝えします。

活動の基本情報

対象学年:中1

対象人数:1クラス40人ほどまで

所要時間:15分

準備物:絵が描かれたカード(B4かA3サイズ)・ワークシート

活動概要

 絵に何が書かれてあるかを当てるゲームです。個人・ペア・グループで行うことができます。今回は個人で行うことを想定して概要を説明します。

 絵が描かれた絵を5段階に折っておきます。1枚開けるごとにヒント1とします。それを1枚ずつめくり、生徒は分かった時点で答えをワークシート に記入していきます。

先生
先生

What is this?(1枚目をめくる)

んーわかんない。

先生
先生

What is this?(2枚目をめくる)

あ、これだ。(記入する)

生徒へのルール説明

1 5段階に折られた紙には絵が描かれている

2 教員が1枚ずつめくるのでわかった時点でワークシートに記入

3 1枚目でわかったら、ヒント1に記入する。それ以降同様

4 5問終了後にワークシートの右下に自分の総合点を記入するところがあるので計算して書く

5 書き直しや不正は厳禁

6 答えがわかっていても声に出さない(最重要)

絵付きカード例

 絵の内容は何でも良いですが、最後の箇所を見たときに「ああ」となった方が盛り上がります。下の図には折る場所がわかるように線を引いてありますが、作成するときは特に必要ありません。

ワークシート例

 生徒一人一人に配布するワークシート です。

最後に

 今日は「英語授業で使えるアクティビティPart20」をお伝えしました。「What is this?ゲーム」はいかがだったでしょうか。

 従来Whatは中学校1年生での学習内容でしたが、今は小学校高学年で学習する内容となっています。この活動は小学校でも行えると思いますのでご活用いただければと思います。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

whatは今や小学校で習うからね。

草食系高校教師
草食系高校教師

小学校の内容が増えて来ましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました