【中学校・高校】生徒との会話で気をつけること

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「【中学校・高校】生徒との会話で気をつけること」をお伝えします。

立ち話で生徒と1対1で会話するとき、授業中やホームルームでの生徒全体に話をする時など、様々な場面で生徒と会話することがあると思います。

その時に、実は聞いてはいけない内容や話すべきではない会話の内容があるのです。

意識して避けている方もいると思いますが、今日は改めてそれらを確認していきましょう。

草食系教師
草食系教師

生徒との会話内容にはタブーがあります!

会話内容は常に意識

 生徒との会話内容は常に意識し、以下の内容は可能な限り避けた方が良いです。

家族について

 生徒との会話において、「家族」については極力避けましょう。

「片親(両親)がいない場合」「親と離れて住んでいる」「腹違いの兄弟がいる」など、理由は様々で複雑な家庭環境の生徒がいることがあるので、要注意です。

 具体的には、「親」とフレーズを使わずに、「保護者」というフレーズを使います。

「保護者」は未成年を保護する法律上の義務を持つ者のことですので、生徒の認識としては育ててもらっている人ということになるでしょう。「親」がいない生徒もいますので、「保護者」という言葉を使えば柔軟に受け取ってもらえます。

 以下に実際に経験した失敗例を2つ載せてありますので、ご覧ください。

失敗例1(体調不良で下校する生徒対して)

草食系教師
草食系教師

お父さんとお母さんどっちが連絡つきやすい?

生徒
生徒

お父さんもお母さんも交通事故で亡くなってます。

失敗例2(英語の授業中にて)

草食系教師
草食系教師

How many siblings do you have? (兄弟何人いる?)

生徒
生徒

I have two older brothers.(兄が2人います)

草食系教師
草食系教師

What do they do?

生徒
生徒

One is a police officer in Japan and the other is in America. (1人は日本で警察官をしていてもう1人はアメリカにいます。)

草食系教師
草食系教師

Why is your second brother in America?(2番目の兄弟はなんでアメリカにいるの?)

生徒
生徒

Because my father got married to American woman recently, so…(最近父がアメリカ人と結婚して…)

宗教

 生徒との会話において、「宗教」についても極力避けましょう。ご存知のように教育基本法第15条では「国公立学校における特定の宗教のための宗教教育はしてはならないと規定」されていますが、宗教教育でなくとも宗教についての話はとても難しいです。

 以前、授業中に教員が某宗教の話をして、それが保護者に伝わり、「冒涜だ」と学校に乗り込んできたケースがありました。かなり大事になったことがありますので、宗教に関する話題はとてもデリケートです。

政治

 生徒との会話において、「政治」についても極力避けましょう。

 「教育公務員は政治的中立性を持ち、特定の政党を支持したり、反対したりしてはいけない」というのはご存知だとお思います。

 保護者に政治家がいる場合や熱心な政党の支持者がいた場合、とても厄介なことになりますので気を付けましょう。

身体的

 生徒との会話において、「身体的」についても同様に極力避けましょう。

 特に、体型に関することはやめましょう。「太っている」という言葉を出しただけでも気にする生徒はいますし、その生徒に向けて発しなくともそれだけで不登校になってしまう可能性があります。

 英語の授業でも「chubby」や「fat」が出てきただけで下を向いてしまう生徒もちらほら見受けられました。

 考えすぎかもしれませんが、そのような生徒に「好きな食べ物は何?」「昨日の夜何食べたの?」という「食」に関する質問も考えものですよね。

立ち振る舞い

 生徒との会話での立ち振る舞いは、教員間の信頼関係や評価につながることがあります。

 私は若手の特権だと思いますが、若い教員が異性の生徒とタメ語で楽しくおしゃべりをしている光景にあまり気持ちよく思っていない教員がいることは間違いありません。

 実際に職員室内で「あいつダメだな」や「生徒指導できないタイプ」と聞こえてきたことがあり、そういうレッテルを貼られるんだなと思ったことがあります。

最後に

 今日は「生徒との会話で気をつけること」をお伝えしました。「会話内容は常に意識」と「立ち振る舞い」の2つのカテゴリーの内容でした。私も何度か失敗してしまいましたし、上記の宗教の例のように問題に発展することもありました。生徒とのコミュニケーションは大切ですが、気をつけるべき内容がありますよね。

 本日は以上です。読んでいただきありがとうございました。よろしければ下のランキングポチッと押してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました