現役高校英語教師が教える効果的な英語シャドーイング

英語学習

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「効果的な英語シャドーイング」です。

 2020年度から、従来のセンター試験から大学入学共通テストに名称が変わり、出題傾向や配点が少し変わります。これまでは英語のリスニングが50点でしたが、今年度から100点になります。これはリスニングの能力を伸ばすしかありません。
*リーディングとリスニングの比率が1対1にはなりますが、大学によっては4対1や2対1などがありますので、各大学の要項を確認をしてください。

 リスニングを伸ばすためにはズバリ、「シャドーイング」が鍵になってきます。今日は現役高校英語教師が「必ず伸びる英語シャドーイングのやり方」をお伝えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

今日は実際に授業で取り組んでいるシャドーイングの方法をお伝えします。ぜひご覧ください!

シャドーイングとは

 シャドーイングは、1語〜2語遅れて影=shadowのように、真似して発音するリスニングやスピーキングの練習法のことです。英文を聞き終えてから繰り返すリピートとは異なり、シャドーイングは聞こえてくる英文のすぐ後ろを影のように追いかけるのがポイントです。

 「遅れてモノマネをする」と思ってください。授業中に「次はモノマネ大会始めるぞー」と言ってシャドーイングを始めます。

期待できる効果

聞き取れる音が増える

 音を真似して口から出すことで、聞ける音も増えていきます。これは脳の仕組みによって、口から出せない音は聞くことができ兄という原理に基づいています。そのため、口から言えるようになると耳からも聞くことができるのです。

聞く話すスピードが上がる

 音声のスピードを追いかけながら聞く話すを同時に行うため、音声のスピードについていけ雨ようになれば2技能のスピードを上げることができます。

抑揚や区切りなどイントネーションの改善

 お手本となる音声を聞いて、真似して話すことで、抑揚や区切りなどのイントネーションをつかむことができます。イントネーションに基本的な方があるので、真似をすることが1番の近道になります。

正しいシャドーイングの方法

シャドーイングSTEP6
  • STEP1
    リスニング

  • STEP2
    マンブリング
  • STEP3
    テキストで意味や英語の確認
  • STEP4
    シンクロ・リーディング
  • STEP5
    プロソディシャドーイング
  • STEP6
    コンテンツシャドーイング

正しいシャドーイングの方法の解説

STEP1 リスニング

 テキストを見ないで、聞いて特徴を掴みます。確認する特徴は以下の2点です。

特徴2つ
  • 種類(ニュース日常会話、演説、インタビューなど)をつかむ
  • 英語の特徴(テンポ、イントネーション、話者の地域(アジア・北
    米・ニュージーランドなど)をつかむ

STEP2 マンブリング

 mumble=「呟く、ボソボソ言う」という意味ですが、通常のシャドーイングのブツブツ言うバージョンになります。

 聞こえた音声を声に出すシャドーイングは、自分の声が邪魔で音が聞き取りにくいケースがあるので、最初は声を小さくするマンブリングをします。心の中で読むサイレントシャドーイングは音の負担は少ないですが、口を動かさないと自分がどれだけ正確に捉えているかがわかリマセン。

 シャドーイングの導入期にはとても良いトレーニングですし、大きな声で読むことに抵抗のある生徒でも一生懸命やります。

コロナ禍で、音読の時間は控えていますがマンブリングであれば少しはできそうですよね!

STEP3 テキストで意味や英語の確認

 意味がわからなかったところは日本語訳をまず読んで、テキストの内容理解を深めましょう。

STEP6で本文の意味を確認していくのでここではサッとで構いません。授業では「1分チェック」として時間を設けていますよ!

STEP4 シンクロ・リーディング

 synchro=シンクロ、日本語にもなっていますが、synchronizeの略語で「同期する」や「タイミングを合わせる」という意味があります。

 CDで音声を聞きながら同時に本文を音読します。別名パラレルリーディングとも呼ばれる練習法です。遅れずについていくこと音の強弱発音イントネーション英語特有のリズムをつかむことが大切です。自分のリズムと話者のリズムが合わないことが多いかもしれませんが、そこが聞き取れていないギャップになります。
 英語の特徴に慣れることで聞き取れるようになっていけるようになるトレーニングです。

STEP5 プロソディシャドーイング

 Prosody=韻律(リズム・アクセント・抑揚)のことです。聞こえてくる音を聞きながら、1語〜2語遅れてできるだけ正確に英語で再現します。シャドーイングと呼ばれているものはこのプロソディーシャドーイングのことです。

 途中でわからなくなる箇所もあると思いますが、仕切り直してどこからでもいいので再開しましょう。このSTEP5までは意味をあまり気にしないでおこうというスタンスで行っています。

STEP6 コンテンツシャドーイング

 content=内容のことですので、ここでは意識を意味に向けていきます。内容を頭の中で確認しながらシャドーイングをします。もし意味がわからない場合はSTEP3の意味確認を念入りにしてください。

 頭の中で意味を確認しないとただの音声化になってしまいます。STEP1〜5では「音」を正確に聞くことがもう的でしたが、ここでは意味の理解が必要です。結局は聞いたものを頭の中で意味を理解しなければいけませんので、必ず意味を理解した上でこの活動をしましょう。

 声の大きさはマンブリング程度で構いませんので、シャドーイングをしながら同時に意味が取れるようにするトレーニングです。

草食系高校教師
草食系高校教師

シャドーイングの仕上げであり、最も大切な活動ですのでできるまで何十回とやりましょう!!

最後に

 勉強には万能薬はありませんが特効薬はあります。風邪にはパブロン、頭痛にはイブのように、リスニングにはシャドーイングやリーディングにはスラッシュリーディングなど、改善したいや伸ばしたい能力にあった練習法や勉強法があります。

「やり方よりあり方」という言葉がありますが、ある程度のやり方も身につけないとかなりの遠回りをすることになってしまいます。

 教員の方、英語学習者、中高生、ぜひ参考にしてください!

肉食系高校教師
肉食系高校教師

こんなやり方があるとは!

草食系高校教師
草食系高校教師

シャドーイングといっても方法はたくさんあるんですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました