休校明けの学校の取り組み 〜安全に登校できるように〜

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は、休校明け学校の取り組み 〜安全に登校できるように〜 をお伝えします。

 新型コロナウイルスの影響で3月上旬から5月下旬まで約3ヶ月休校となりました。その間生徒の学習時間・機会を確保するために、オンライン授業を行ってきました。そして、5月下旬より分散登校が始まり、6月からは通常登校となります。

 学校再開にあたって、生徒の安全確保を最優先に、受験を控える高3のために学習時間の確保が大切になります。2つを確保するためにどんな取り組みをしているのかを伝えます。

安全面

使用教室

 生徒数が多い学級は広い教室を使うことになっています。

机の配置

 学級や特別教室の机の配置に配慮しています。前後左右と十分な距離が取れるように教室を目一杯使い、間隔を開けています。

ソーシャルディスタンス

 使用教室や机の配置によるソーシャルディスタンス確保もそうですが、トイレ前や保健室前に、間隔をあけて待つようにテープが貼ってあります。また、昼食時には空き教室を解放し密にならないようにしています。

3密

 窓・ドアを全開にしています。また上記のように人と人との距離を取っています。

ゴミ捨て

 マスクや使ったティッシュが捨てられている可能性があるため、ゴミ捨ては教員が毎日捨てています。

消毒

 毎日生徒下校後に職員全員で消毒をしています。使用教室・食堂・階段の手すり・ドア・ロッカーなど使ったと思われる場所は全て消毒しています。

学習面

学習機会の確保

 感染の不安があり、登校できない生徒に対しては、ZOOMにて授業を配信しています。登校できている生徒には通常授業を行い、その授業を生配信しているということです。使うプリントや内容は事前にロイロノートの資料箱に保存しておき、生徒はそれを見ながら授業を受けます。

自習室解放

 授業時間終了後、自習室を毎日解放しています。通常は自習室は1室のみですが、密にならないように3~5教室を解放し、極力接触しないようにしています。

個別指導

 高3は今年受験ですので、個別指導をすることがありますが、その場合はフェイスシールドをつけて行い、距離が近くとも接触を減らすようにしています。

最後に

 今日は、休校明け学校の取り組み 〜安全に登校できるように〜をお伝えしました。学校では感染予防の取り組みをしていますので、保護者の皆様も安心して登校させてください。しかし、不安な方もたくさんいると思います。学校や県や市によっては、◯◯日までは登校日数にカウントしないという場合もありますので、問い合わせをしてみたほうがいいと思います。是非参考にしてください。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

生徒の安全のために色々と対策講じていますね。

草食系高校教師
草食系高校教師

感染防止のために学校側は考えていますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました