職員室の実情

ブログ

こんにちは、草食系高校教師です。

今日は「職員室の実情」をお伝えします。

職員室は生徒や保護者がほとんど入室が許されない謎に包まれた場所です。私が生徒の頃は「職員室ってどんな場所だろう」と思っていましたが、立場が教員になった今、どのような場所なのか、リアルをお教えします。

草食系高校教師
草食系高校教師

「職員室ってどんな場所?」をお伝えします。

机の配置

 職員室の机は学年ごとに配置されることが多いです。学年ごとで活動がすることが多いので、すぐに打ち合わせをできるようにするためです。以下の2パターンのような配置が多いでしょうか。

職員室はオアシス?

 教員は教科指導・生徒指導や部活指導等々、日々生徒と戦っています。職員室を出たら教員としての立ち振る舞いをしなければいけませんし、スイッチをONに切り替える必要があります。

 指導終了後には職員室に戻ってきますが、一息つける唯一の場所です。オアシスと言っても良いでしょう。

職員室では何をしてる?

 職員室では、主にデスクワークをしています。授業準備や書類作成などで、パソコンを使って仕事をすることが多いです。あとは、職員朝礼や学年の打ち合わせをしています。
 

 教員はお話好きの先生が多いため、結構あちらこちらで笑い声が聞こえますし、和やかな雰囲気のことが多いです。他の先生方も職員室をオアシスとして捉えている先生が多いですので、ゆったりとした時間が流れます。(例外あり)

職員室の人間関係

 昨年10月に神戸市で起きた教師のいじめ問題が大きな話題となりましたが、職員室の人間関係の複雑さはどこにでもあります。職員室が学級崩壊しているケースもありますね。

派閥

 どこの職場にも派閥はありますよね。(生徒にはみんな仲良くしてくださいねと言いますけどね…) 体育会系の先生VS長く勤めている先生みたいな構図が多い気がします。
 頻繁ではありませんが、お互いにいがみあったり、悪口を言ったりすることがあります。よって、居心地が悪いことが多々あります。

長く勤めている先生

 私立高校であれば最高40年くらいは1つの学校に勤めるのではないでしょうか。彼らは「私が絶対だ」と言わんばかりな態度で、自分の決定が1番正しいと思っています。(もちろん心優しい方もたくさんいらっしゃいます)

 いわゆるお局さんがいることがありますので注意が必要です。目をつけられると大変です。

最後に

 今日は「職員室の実情」をお伝えしました。これが職員室のリアルです。学校種別や公立私立によって職員室の雰囲気は全然違うと思います。私は3校経験しましたが、派閥があったり長く勤めている先生が絶対であったりすることが多かったです。

 職員室を一歩出れば戦いが始まります。少しでもゆっくりできる職員室は大切な場所ですよね。

肉食系高校教師
肉食系高校教師

職員室はオアシスですよ。。。

草食系高校教師
草食系高校教師

学年の先生方が周りにいるのは心強いですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました